金の底値買いは、ソロスに学べ!

【新連載】金価格はもう一段下落するのか?

金生産国の1位中国と4位のロシアなど社会主義の国々を除き、大半の金鉱山は民間企業により操業されている。当然ながら利益獲得が最大目標であり、採算を度外視して操業することはない。それゆえ、今後の金相場を占う点で、この生産コストが重要となってくる。           

さて、ここで参考にしたいのが、世界的な投機家であるジョージ・ソロス氏の相場観だ。最近、ソロス氏は日系女性と41歳の「年の差婚」でも話題をまいた。

いつまでも輝く? ソロス氏の次の一手に注目

同氏は1993年3月に、金相場が当時、世界第一の生産を誇っていた南アフリカの生産コスト水準である1トロイオンス当たり326ドルまで下落したのを見て、「金相場は底値」との判断を下した。ここから金相場は間違いなく上昇し、価格上昇による業績向上から鉱山会社の株価も上昇すると予測、米国の大手金鉱山会社・ニューモント社の株を買い占めた。

今でこそ、金は金ETF(上場投資信託)を通じて比較的簡単に購入できるが、当時、ヘッジファンドは現物地金に一定額以上の投資はできず、もっぱら株式での運用に限られていた。ソロス氏の思惑どおり、金相場はその数カ月後に400ドルに上昇、株価も思惑どおり上昇したため、ソロス氏は莫大な利益を上げたのである。

その後のソロス氏は、2004年11月にNY証券市場にETFとしてGoldが正式に上場されたことを利用し、金ETFでの運用を開始したと推定される。特に生産コストが急騰し始めた08年あたりからは一段と積極的に売買したようだ。

2010年の初頭にかけて、金相場が1トロイオンス1000ドル台に高騰したのを見て「究極の資産バブルはGold」と言及したが、その時点でソロスファンドはすでに16トンの金を保有していた。その後、金相場は1500ドルに向け上昇の一途をたどったのだが、ソロス氏は1年3カ月の間にわずか130キログラムまでETF保有高を減少させ、ここでも多額の運用益を得ることとなった。

同氏の金投資はこれで終わらず、QE3(量的緩和第3弾)実施とともに金相場が1トロイオンス1800ドルに向けて上昇し始めると、再び金投資に復帰。2012年9月に時点でETF保有高を4.11トンまで復活させたが、予想に反して金相場は上昇しなかった。世界的な景気減速懸念が蔓延する中で金相場は反落したため、昨年末までにわずか1.87トンに削減。さらに今年第1四半期末までには全量を処分して撤退した。

次ページ大幅下落局面到来が来る?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT