次期カローラセダンは5ナンバーを保つのか

ワゴンも含め3ナンバー化が話題になる理由

6月に登場した「カローラスポーツ」。8月には6速MT(マニュアルトランスミッション)モデルも追加された(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

トヨタ自動車から6月下旬に登場した「カローラスポーツ」。12代目カローラシリーズの先駈けとして投入された5ドアハッチバック車だ。一方、4ドアセダンの「カローラアクシオ」、ステーションワゴンの「カローラフィールダー」は、現在も先代11代目カローラベースのモデルが継続して販売されている。

新型カローラスポーツは全幅1790mmと、日本国内で販売されるカローラシリーズの本流モデルとしては、初めて全幅が1700mm未満の5ナンバーサイズを超えて3ナンバーサイズへと拡大がなされた(派生モデルの「カローラルミオン」は3ナンバーサイズ)。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

東洋経済オンラインが昨年10月22日に配信した「次期カローラに観測、『3ナンバー化』の波紋」のほか、有力自動車雑誌などのスクープ記事において、「2018年夏にカローラがフルモデルチェンジする」という事前報道の中で、先に伝えられていたのは「次期カローラは3ナンバー化する」という情報だった。

3ナンバー化してしまうのか

これを受けて、筆者はこれまで5ナンバー車を主体としてきたカローラアクシオとカローラフィールダーも一緒にフルモデルチェンジしたうえで、3ナンバー化してしまうのかと思った。現行カローラアクシオは全長4400×全幅1695mm、カローラフィールダーは全長4410×前幅1695mmとなっている。

4ドアセダン「カローラアクシオ」の現行モデルは全幅1695mm(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

カローラスポーツのサーキット走行を行う事前試乗会の際に、その点をチーフエンジニアに尋ねたところ、「今回はハッチバックのカローラスポーツのみの発売であり、セダンとステーションワゴンは、なお鋭意開発中で、カローラスポーツより遅れての発売になる」との答えだった。

どのようなかたちで4ドアセダンのアクシアとステーションワゴンのフィールダーが登場するのか、それはいつなのか、まだ手元に情報はない。だが、チーフエンジニアは、「既存の5ナンバー車にお乗りのお客様のことは十分に配慮しながら開発を進めています」と語った。

次ページ今やCセグメントの国産車ですら3ナンバー車
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ホンダとGMが提携拡大<br>露呈した自前主義の限界

ホンダが米GMとの部分提携を大幅に深化させ、北米事業の幅広い分野での包括提携に踏み出しました。最大の目的は、低空飛行が続く4輪事業の収益改善。新型コロナによる事業環境の悪化も提携拡大を後押ししました。

東洋経済education×ICT