天災相次ぐ大阪、好調「訪日消費」に影響は?

この3カ月で台風、豪雨に地震に見舞われた

土砂などが残る関西国際空港、奥は連絡橋に衝突したタンカー(写真:共同通信)

9月4日、関西国際空港に日本全国の注目が集まった。

海上空港である関空を台風21号に伴う高潮が襲い、第1ターミナル側のA滑走路と駐機場ほぼ全域が冠水。最大40~50センチメートルの深さまで水につかった。

この日、関空の瞬間最大風速は58.1メートル。14時過ぎには、関空と陸地を結ぶ連絡橋に、強風で流されたタンカーが衝突し、橋脚が損傷。さらに道路のパネルが鉄道の線路に覆い被さる事態となった。台風の影響で通行止めとなっていたため、鉄道や車の被害はなかったが、陸地との交通が遮断され、旅客やテナントの従業員など合わせて約8000人が空港内に取り残されるなど、多大な被害をもたらした。

インバウンド消費は4.4兆円

6月18日に起きた最大震度6弱の大阪北部地震、西日本で死者100人を超えた7月上旬の「平成30年7月集中豪雨」、9月に入ってからは台風21号。そして9月6日には北海道胆振地方で震度7の地震も起きた。

大阪や北海道は訪日外国人(インバウンド)の人気エリアだ。訪日外国人旅行消費は2017年に4.4兆円に達した。2018年に入っても1~6月の累計では前年を上回って推移している。

関空は2017年度の国際線旅客は2190万人、そのうち外国人旅客は約1500万人で成田空港に匹敵する。台風21号はこの関西の”玄関”を直撃した。

台風の影響で4日12時から空港全体が閉鎖された。4日から6日にかけ、全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)、関空を拠点とするLCC(格安航空会社)のピーチ・アビエーションなど関空を発着する便は、国内線、国際線共に全便欠航となった。

被害の大きかった第1ターミナルビルでは、地下にある高圧受電設備6台のうち3台が冠水。これにより、ターミナル中央部で停電が発生し、館内放送も機能しなかったため、取り残された旅客の間で情報が錯綜し混乱も見られたという。5日未明からフェリーやバスで少しずつ陸への輸送が行われ、全員が脱出できたときには同日23時を回っていた。

次ページ写真で見る台風21号のつめ跡
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。