スベるコンテンツに絶対足りない3つの基本

制約は当然、やらされ感でなく大義を持とう

また、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』や『キューブ(CUBE)』『ソウ(SAW)』といった名作映画がありますが、これらも予算という制約があったからこそ、生まれたヒットコンテンツだと言われています。

コンテンツづくりを始める際、与えられた「予算」「時間」「サイズ」という制約に不満をもつのではなく、その制約の中でベストを尽くすことが、企画者にとって重要なことなのです。

コンテンツをつくるのは、人の「想い」

当たり前の話ですが、コンテンツは人がつくります。しかし、ビジネスシーンにおいて、これが忘れ去られてしまうことはよくあります。企画の発端は、ある1人の妄想のようなビジョンから始まります。その妄想を見える形に具現化していくのが、コンテンツづくりです。そのためには大きなエネルギーが必要ですし、それを可能とするのはコンテンツに「想い」を込める企画者の存在です。

ところがビジネスの場において、こうした「想い」は邪魔なものだとみなされてしまったり、会社の都合で担当者がコロコロと変わってしまうことがあります。断言しますが、「想い」のないコンテンツは決して当たりません。

企業がつくるコンテンツがうまくいかず、スベってしまうのは、こうした「想い」を軽視してしまうことも原因にあるのかもしれません。

また、ビジネスとしてのコンテンツづくりには、たくさんの人が関わりますので、さまざまな意見が入ってきます。そんなとき、どの意見を取り入れてどれを却下するか、判断するのも企画者の仕事です。「想い」も「こだわり」もなく、何でもかんでも受け入れてしまえば、「船頭多くして船山に登る」という言葉があるように、気がつけば目的とまったく違うものが出来上がってしまいます。

『人がうごくコンテンツのつくり方』(クロスメディア・パブリッシング)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

こうした「誰がつくっているのかわからない」状態に陥ってしまうのも、コンテンツが失敗する典型的なケースです。コンテンツの目的に沿って、さまざまな意見の取捨選択をする判断軸となるのも、企画者の「想い」なのです。

損得や面倒を顧みず、自分のコンテンツを我が子のように大切にし、仕事以外の場でもコンテンツのことばかり考えてしまう。企画者の「想い」は、コンテンツづくりの資金を出す経営者や出資者にとっても、ありがたい存在のはずです。

「目的」「制約」「想い」の3つです。「どうやったらウケるコンテンツになるか」と頭を悩ませる前に、まずはこういった基本をしっかり押さえることが、コンテンツづくりで大事なことなのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。