京急が「北斗の拳」コラボで突くファンの秘孔

「ザコ」列車や「かぁまたたたたーっ」で新伝説

品川駅で出発を待つ貸し切りイベント列車「京急ヒャッハートレイン」。「修羅の国」へ向かうはずだが、ホーム上はほのぼのとした雰囲気に包まれていた(記者撮影)

「このヒャッハートレインはなぁ、ヒャッハー!の叫び声で動かすんだ。乗り込んだ以上、全員ザコになってヒャッハー!してもらうから覚悟しろ」――。晴天に恵まれた8月11日朝、京浜急行電鉄が品川駅から運行した貸し切りイベント列車の車内には「ザコ車掌」を名乗る男のアナウンスが響き、異様な盛り上がりをみせていた。

スタッフも参加者も全員が「ザコ」

イベント列車は、今年2月に創立120周年を迎えた京急電鉄と、1983年から「週刊少年ジャンプ」に掲載された漫画「北斗の拳」(原作・武論尊、漫画・原哲夫)の35周年を記念したコラボレーション企画の一環として実施した。

「ザコ」に踏みつけられて喜ぶ参加者(記者撮影)

「ザコと行く三浦海岸!京急ヒャッハートレイン」と名付けた列車には、事前にホームページで募集した約100人が参加した。車両は北斗の拳のキャラクターを側面にあしらった「新1000形」(8両編成)のラッピング電車を使用。参加者は約25人ずつ4両に分かれて乗車した。ほかに2両の特別車両を設け、記念撮影を楽しめるよう、座席から窓、天井に至るまでこの日限定の装飾で埋め尽くした。

「ザコキャラ」の装いに身を包み、車内のイベントを取り仕切ったのは、昨年9月上演の舞台「北斗の拳―世紀末ザコ伝説―」に出演した「劇団ザコ」の面々だ。北斗の拳の登場人物のなかでも、あっけなく殺されるような名もないザコキャラにスポットライトを当てた作品で、今回のイベント列車にはこのザコの矜持(きょうじ)が引き継がれている。

次ページ車内でザコに踏みつけられ満面の笑顔
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。