「貧困は自己責任」と断じる人の浅すぎる思慮

困難を抱える背景は1つでなく複数の事情だ

使い始めてすぐ、スマートフォンは欠かせない存在になった。
朝から晩まで働く母親の陽子さんとの連絡手段として、ライフラインの役割を果たしているからだ。弟も妹もスマートフォンや携帯電話を持っていないため、舞さんが母親との連絡役を務めている。
さらに、今は、中学生や高校生たちはスマートフォンが必需品になりつつある。友達どうしの関係を維持したり情報交換をしたりする上で、LINEやSNSが欠かせないためだ。スマホがないと友達の輪から外れてしまったり、話題についていけなかったりと、子どもたちの人間関係にも大きく関わる。(中略)
スマホは、さらに進学や就職活動などにも欠かせないものになりつつある。大学の願書の提出もインターネットから行う時代だ。(中略)
若者にとって生活全般に欠かせないスマホだが、それでも「スマホを持っていれば贅沢で、貧困とは言えない」と断じるのだろうか。(159〜160ページより)

子どもたちの実態以上に気になってしまったのが、こうした外部の無責任な発言だった。「自己責任」と断ずることでなにかが解決するのであれば、大いにすればいい。しかし現実的には、「自己責任発言=思考停止」なのではないだろうか。そもそも、そんなふうに割り切れるほど単純な問題ではないのだ。

自分の身に置き換えて考えてみる

子どもの貧困の最も大きな特徴のひとつは、見ようとしないと「見えない」ことだろう。子どものいる家庭が経済的な困難を抱える背景は、ひとつではなく、複雑な事情が絡み合っていることが多い。
親の離婚、借金、低賃金の仕事、精神疾患、家庭内暴力、虐待、ネグレクト、周囲からの孤立――ひとつでも大変な問題を、複数抱えているケースがほとんどだ。
当事者の親は、自分の生活を守ることで精一杯で、人に助けを求める余裕を失ってしまう。もしくは、「情けない状態を他人にみせたくない」という理由から、助けを求めること自体を嫌がったり避けたりする。その結果、周囲に気づかれないまま家族が孤立していく。
一方、その子どもは、家庭という閉ざされた空間の中で人知れず追い詰められていく。たとえるなら、「川の岩陰で溺れた状態だ」。(151ページより)

川で溺れる人がいたなら、「どうしたら救えるだろう?」と考えるが通常の思考ではないか。川に飛び込むという手もあるだろうし、泳げないならなんらかの手段を考えればいい。手段はいくらでもあるはずだ。

そして、そんなときに重要なのは、「溺れているのが自分だったとしたら」と考えてみることだろう。もちろん行動も大切だが、自分の身に置き換えて考えてみることも、同じように大切なことであるはずなのだから。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT