地元が愛す「ご当地チェーン最強店」はここだ

鳴り止まぬラブコールのワケを探る

『ばんどう太郎』のみそ煮込みうどん(写真:週刊女性PRIME)

「ご当地グルメが注目を集めるようになって以来、ローカルチェーンの飲食店巡りも、旅の目的のひとつになっていますよね。ハンバーグやうどんなど、“知っている食べ物を出すのに、見たこともないお店”という非日常体験ができますから。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

一方、地元の人にとっては、なくてはならない家族の行きつけの場所。愛されるだけの理由がそれぞれの店にちゃんとあります」

とは、ご当地グルメ研究会の松本学代表。そこで週刊女性は、夏休みに訪れたくなる、地元民に愛されるご当地チェーンの名店を大調査。週刊女性サイトなどに、全国313人から寄せられた回答を、北から順にご紹介!

地元民の愛が止まらない

「『回転寿しトリトン』。とにかくネタがデカくて、皿からはみ出しています。活ほっき貝、こまいっ子(氷下魚の卵のしょうゆ漬け)など北海道でしか食べられないネタもたくさん。鮮度抜群です!」(北海道・40代=会社員)

『回転寿しトリトン』のでっかいぼたんえび(写真:週刊女性PRIME)

北海道に13店舗、東京にも2店舗あり。オススメはでっかいぼたんえび。

「函館の『ラッキーピエロ』。甘辛タレチキンが挟んであるチャイニーズチキンバーガーが1番人気です」(東京都・40代=職業不明)

『南部家敷』の屋敷そば(写真:週刊女性PRIME)

「『南部家敷』は東北にしかないファミレス。水車そば、屋敷そばが特にオススメです」(岩手県・40代=主婦) 

南部家敷は岩手、宮城、山形、千葉に26店舗を展開。わんこそば風のそばに、天ぷら、卵、山菜などがついた屋敷そばが大人気。

茨城のみに25店舗を構えるのが、

「『ばんどう太郎』。県民にとって、みそ煮込みうどんといえばこのお店。名古屋のものとは違い、野菜もいっぱいで具だくさん」(茨城県・50代=会社員)

各店舗には“女将”がいて、丁寧な接客をしてくれるそう。

次ページ後半戦では麺類が続々登場!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。