地元が愛す「ご当地チェーン最強店」はここだ

鳴り止まぬラブコールのワケを探る

『山田うどん』のパンチセット(写真:週刊女性PRIME)

「『山田うどん』は埼玉県民の心」(埼玉県・40代=会社員)

「パンチセット(もつ煮込み定食+うどん)最高!」(埼玉県・30代=自営業)

かかしのマークが目印の山田うどんは、埼玉を中心とした1都6県に160店以上を展開。メニューは100種類以上あり、定食や丼にセットでうどんをつけるスタイルが主流のよう。

『8番らーめん』の野菜らーめん(写真:週刊女性PRIME)

「『8番らーめん』。北陸では“なんでやろ?”といったら“8番”なのです」(富山県・50代=自営業)

「野菜らーめんは、とにかく野菜たっぷり! スープはみそ、塩、しょうゆ、とんこつ、バター風味から選べます。でも“どのスープが好きか”なんて話題はNG。友人でも口論になってしまうかも(笑)」(石川県・20代=会社員)

そんな8番らーめんは北陸3県、長野、愛知、岡山に120店舗以上。さらに、海外にも120店舗以上あるというから驚き。

「『炭焼きレストランさわやか』。静岡に来たスポーツ選手や芸能人が必ず食べに来て、インスタグラムにあげる。県外に出店しないのも、とてもありがたい」(静岡県・50代=職業不明)

地元民にしかわからない、うまさとごちそう

「『スガキヤ』。地元民にしかわからない、うまさとごちそう」(愛知県・30代=自由業)

『ちゃんぽん亭総本家』の近江ちゃんぽん(写真:週刊女性PRIME)

「『ちゃんぽん亭総本家』。近江ちゃんぽんといえば、やっぱりこの店ですね」(滋賀県・30代=会社員)

滋賀県のご当地グルメ・近江ちゃんぽんのほか、豚そばも人気。

「『ちから』。広島のあちこちにある老舗うどんチェーンです。うどんも中華そばも、ソフトクリームもおいしい。そして、安い」(広島県・40代=主婦)

『ちから』のカレーうどん(写真:週刊女性PRIME)

広島県内のみに31店舗を構え、おはぎなどの甘味も人気だという。

「福岡のうどんは、コシなしうどん。『釜揚げ牧のうどん』『ウエスト』など、おいしいうどんチェーンがたくさんあります」(福岡県・30代=主婦)

「沖縄のハンバーガーといえば『A&W』をイメージするかもしれませんが、『Jef』のぬーやるバーガーをぜひ!」(沖縄県・40代=会社員)

沖縄の方言で“ぬーやるばーが=なんてこった”という意味で、シャレのきいたネーミング。具材はゴーヤーの卵とじ&ポークランチョンミート&チーズと、沖縄県民の好物ばかりが挟まれている。

旅行や帰省の際には、こだわりご当地チェーンの自信作をぜひ味わって!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。