twitter投稿で株価操作?テスラに集団訴訟 非公開化の投稿で空売り筋の買い戻し誘う?

拡大
縮小
 8月10日、米電気自動車(EV)メーカー大手テスラの投資家が、同社とイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)に対し2件の集団訴訟を提起した。写真は都内で2014年9月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[10日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー大手テスラ<TSLA.O>の投資家が10日、同社とイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)に対し2件の集団訴訟を提起した。株式非公開化計画に関するツイッター投稿などを通じて不正に空売り筋の買い戻しを誘ったと主張している。

マスク氏は7日、ツイッターへの投稿で、テスラを1株当たり420ドルで非公開化することを検討中だと明らかにし、「資金は確保した」と述べていた。

訴状では、テスラとマスク氏の行為がテスラの株価を人為的に上昇させたとし、証券法違反に当たるとしている。

2件の訴状のうち1件では、マスク氏の投稿は虚偽で、誤解を生むものだとし、テスラがそれを改めなかったことにより、空売り筋を「全滅」させる「核攻撃」につながったと主張。テスラとマスク氏の行為が株価のボラティリティーにつながり、ショートカバーを強いられた空売り筋に数億ドルの損失をもたらしたと訴えている。

テスラはコメントの要請に応じていない。

マスク氏は以前から空売り筋に不満を募らせており、時折ツイッターで批判してきた。

同氏は株式非公開化の資金を確保した証拠を示していないが、訴状でも同氏が資金を確保していないことを示す証拠は提示されていない。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT