ソフトバンク、"飛び道具"でドコモ越え

「虹の根っこを探す旅は始まったばかり」と孫社長

孫社長は2時間弱にわたってプレゼンと質疑応答をこなした

プレゼンの冒頭、孫正義社長はこう静かに切り出した。「皆さん、虹の根っこを探しに行ったことはありますか。小学校3~4年生の夏の日。虹の根っこはどこにあるんだろうと、友人たちと山の向こうにワクワクしながら出掛けていったことがあります。今も、その時とまったく同じ気持ちでワクワクしながら仲間たちと夢を追っている」

夢を追う話をゆっくりとかみしめるように語り、一緒に夢を追い掛けた仲間、故・笠井和彦取締役(10月21日に76歳で他界)を悼んだ。

飛び道具でドコモを抜いた

ソフトバンクは10月31日、都内で会見を開き、今4~9月期決算を発表した。売上高は前年同期比72%増の2兆5986億円。営業利益は同66%増の7150億円と大幅増収増益だった。

今4~9月期には、7月に子会社化した米スプリント(売上高7609億円)のほか、イー・アクセス、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、ウィルコムが子会社化されている。主力のソフトバンクモバイルも携帯電話の契約純増数トップを維持しており、158万件の増加を記録した。すでに決算を発表していたヤフー・ジャパンも広告事業を中心に好調だった。

利益面では、ソフトバンクモバイル、ヤフーの伸びに加え、ガンホーとウィルコムの連結化に伴う一時的な評価益を合計で2538億円計上している。その一方で、米国スプリントの営業利益は223億円のマイナスだった。同社の契約数は7~9月期で31万件の純減。旧ネクステルのネットワークを閉鎖した影響で契約者数は減少している。また、子会社化によって計上した顧客基盤の償却費437億円も足を引いた。

次ページドコモを抜いた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT