「キットカット」の形状商標登録、認められず

欧州司法裁判所はネスレの上訴を棄却

 7月25日、スイス食品大手ネスレのチョコレート菓子「キットカット」の形状を商標登録として認めるかどうかで長年争われてきた裁判で、欧州司法裁判所はネスレの上訴を棄却した(2018年 ロイター/Hannah McKay/Photo Illustration)

[ルクセンブルク 25日 ロイター] - スイス食品大手ネスレのチョコレート菓子「キットカット」の形状を商標登録として認めるかどうかで長年争われてきた裁判で、欧州司法裁判所は25日、ネスレの上訴を棄却した。

欧州連合(EU)の知的財産庁(EUIPO)は2012年に、製菓大手キャドバリーを傘下に持つ米モンデリーズの不服を退け、ネスレのキットカットの4フィンガーと呼ばれる形状の商標登録を認める判断を下しており、見直しを求められることになる。

欧州司法裁判所はこの日、EU全域においてキットカットの形状の独自性が認識されているとは言えないとしたが、その一方で、モンデリーズ側の主張も棄却し、知的財産庁に判断を差し戻す格好となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。