「キットカット」の形状商標登録、認められず

欧州司法裁判所はネスレの上訴を棄却

 7月25日、スイス食品大手ネスレのチョコレート菓子「キットカット」の形状を商標登録として認めるかどうかで長年争われてきた裁判で、欧州司法裁判所はネスレの上訴を棄却した(2018年 ロイター/Hannah McKay/Photo Illustration)

[ルクセンブルク 25日 ロイター] - スイス食品大手ネスレのチョコレート菓子「キットカット」の形状を商標登録として認めるかどうかで長年争われてきた裁判で、欧州司法裁判所は25日、ネスレの上訴を棄却した。

欧州連合(EU)の知的財産庁(EUIPO)は2012年に、製菓大手キャドバリーを傘下に持つ米モンデリーズの不服を退け、ネスレのキットカットの4フィンガーと呼ばれる形状の商標登録を認める判断を下しており、見直しを求められることになる。

欧州司法裁判所はこの日、EU全域においてキットカットの形状の独自性が認識されているとは言えないとしたが、その一方で、モンデリーズ側の主張も棄却し、知的財産庁に判断を差し戻す格好となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT