スペーシアの反撃とN-BOXには及ばない理由

2018年上期はタントを抜いて2位に浮上

ホンダ「N-BOX」とスズキの軽自動車「スペーシア」(写真:Honda Media Website、スズキメディアサイト)

「スペーシア」が販売台数を伸ばしている

スズキの軽自動車「スペーシア」がジワリと販売台数を伸ばしている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

全国軽自動車販売協会連合会(全軽自協)の統計によれば、今年上期(2018年1~6月)にスペーシアは、前年上期比約6%増の約7.9万台を販売。軽自動車新車販売の車名別ランキングで王者のホンダ「N-BOX」(約12.7万台)に続く2位に食い込み、前年同期の5位から3つも順位を上げた。それだけではない。同じジャンルのもう1車種のライバルで、前年同期は2位だったダイハツ工業「タント」(約7.1万台、今年上期は4位)との地位を逆転したのだ。

スペーシアは「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるジャンルに属している。今の軽自動車が全長3400mm×幅1480mm、エンジン排気量も660cc未満に収めなければならない規制がある中で、全高を1750~1800mm前後まで高めることで、子どもが車内で立てるほど高い室内高を確保。後部左右サイドドアにスライドタイプを採用するなど、使い勝手を高めてさまざまな層のニーズをつかんでいる。

N-BOX、タントも基本は同じコンセプトで、スズキ「ワゴンR」やダイハツ「ムーヴ」など、かつて軽自動車の売れ筋だったハイトワゴンから主役の座を奪っている一方で、最激戦区ともなっている。

もともとはダイハツが2003年に初代タントを市場投入し、このカテゴリが生まれた。初代タントはライバル車もいなく大ヒット。2007年に2代目がデビューした後、スズキは2008年にタントを意識した「パレット」を発売した。

そのパレット登場後もタントの優勢が続いていたが、2011年にホンダがこのクラスに初代N-BOXを投入するとたちまち大ヒット。2013年にダイハツがタントの現行3代目をリリース。スズキも同年にパレットの後継モデルとしてスペーシアを投入したものの、初代N-BOXはモデル末期までその人気が衰えることはなかった。

次ページタント現行モデルのカスタム系シリーズは…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT