スペーシアの反撃とN-BOXには及ばない理由

2018年上期はタントを抜いて2位に浮上

ホンダ「N-BOX」とスズキの軽自動車「スペーシア」(写真:Honda Media Website、スズキメディアサイト)

「スペーシア」が販売台数を伸ばしている

スズキの軽自動車「スペーシア」がジワリと販売台数を伸ばしている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

全国軽自動車販売協会連合会(全軽自協)の統計によれば、今年上期(2018年1~6月)にスペーシアは、前年上期比約6%増の約7.9万台を販売。軽自動車新車販売の車名別ランキングで王者のホンダ「N-BOX」(約12.7万台)に続く2位に食い込み、前年同期の5位から3つも順位を上げた。それだけではない。同じジャンルのもう1車種のライバルで、前年同期は2位だったダイハツ工業「タント」(約7.1万台、今年上期は4位)との地位を逆転したのだ。

スペーシアは「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるジャンルに属している。今の軽自動車が全長3400mm×幅1480mm、エンジン排気量も660cc未満に収めなければならない規制がある中で、全高を1750~1800mm前後まで高めることで、子どもが車内で立てるほど高い室内高を確保。後部左右サイドドアにスライドタイプを採用するなど、使い勝手を高めてさまざまな層のニーズをつかんでいる。

N-BOX、タントも基本は同じコンセプトで、スズキ「ワゴンR」やダイハツ「ムーヴ」など、かつて軽自動車の売れ筋だったハイトワゴンから主役の座を奪っている一方で、最激戦区ともなっている。

もともとはダイハツが2003年に初代タントを市場投入し、このカテゴリが生まれた。初代タントはライバル車もいなく大ヒット。2007年に2代目がデビューした後、スズキは2008年にタントを意識した「パレット」を発売した。

そのパレット登場後もタントの優勢が続いていたが、2011年にホンダがこのクラスに初代N-BOXを投入するとたちまち大ヒット。2013年にダイハツがタントの現行3代目をリリース。スズキも同年にパレットの後継モデルとしてスペーシアを投入したものの、初代N-BOXはモデル末期までその人気が衰えることはなかった。

次ページタント現行モデルのカスタム系シリーズは…
関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。