中国の狂犬病ワクチン会社が製造記録改ざん

市民からはスキャンダルに対する怒りの声

 7月23日、中国のワクチンメーカー、長春長生生物科技(チャンション・バイオ・テクノロジー)による狂犬病ワクチンの製造を巡る違反で、警察が会長と上級幹部4人に対し捜査を開始した。写真は子供に摂取するワクチン。北京の病院で2016年4月撮影(2018年 ロイター/DAMIR SAGOLJ)

[上海 23日 ロイター] - 中国のワクチンメーカー、長春長生生物科技(チャンション・バイオ・テクノロジー)<002680.SZ>による狂犬病ワクチンの製造を巡る違反で、警察が会長と上級幹部4人に対し捜査を開始した。新華社が23日夜報じた。このワクチンは乳児が接種を受ける。

同国の製薬会社は世界で存在感を高めようとしている一方、国内では安全性への懸念が根強く、市民からはスキャンダルに対する怒りの声が上がっている。

長春長生は、国内で生後3カ月の乳児が接種を受ける狂犬病ワクチンの製造に関する資料を捏造(ねつぞう)していたことが発覚した。国家食品薬品監督管理局(SFDA)によると、同社は検査記録および製造記録を改ざんし、勝手に工程パラメータや設備を変更することで「重大な法律違反」を犯したと断じた。

李克強首相が23日、問題をすぐに調査するよう指示し、同社や関係者を厳しく処罰する方針を示したことで、製薬・バイオ関連企業の株価は幅広く下落した。

現段階で被害に関する報道は出ていないが、当局は同社に対し製造中止と製品回収を命じた。

中国では十年ほど前から発覚した一連のスキャンダルにより、食や薬品の安全性に対し極めて敏感になっており、今回の問題に関する情報はインターネットなどを通じて急速に拡散。23日、ソーシャルメディアの「新浪微博」では最も活発に議論された話題となった。この日の午後中盤までには、問題に関するハッシュタグは6億回以上閲覧されており、一部の投稿は検閲により削除されたとの報道もある。

あるユーザーは、微博で「友人全員が、ワクチン問題で恐慌状態だ。誰もがおびえている。中国の食や薬品規制に、大きな抜け穴と問題があることが明るみに出た」とコメントした。同国では2008年、国産粉ミルクにメラミンが混入され乳児6人が死亡する事件が起きており、「昨日は粉ミルク、今日はワクチン。明日はどんな問題が発覚するやら」との投稿もあった。

*見出しを修正しました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。