ソフトバンク傘下の米スプリント、減収に

第3四半期は契約者数減だが、黒字転換

10月30日、ソフトバンク傘下の米スプリントの第3・四半期決算は、契約者数が予想以上に減少したことが響き、売上高が落ち込んだ。写真はニューヨークの同社店舗前で2012年12月撮影(2013年 ロイター/Andrew Kelly)

[30日 ロイター] -ソフトバンク<9984.T>傘下の米携帯電話3位のスプリントが30日発表した第3・四半期決算は、契約者数が予想以上に減少したことが響き、売上高が落ち込んだ。

ただ、利益は3億8300万ドルと、前年同期の7億6700万ドルの赤字から、黒字に転じた。過去のクリアワイヤへの投資に絡む14億ドル(非現金)の特別利益が全体を押し上げた。

売上高は86億8000万ドルと、前年同期の87億6000万ドルから減少した。

契約者数は36万人の純減。ロイターがまとめたアナリスト6人の予想平均は約31万3000人減だった。

スプリントは、6月末のiDenネットワーク閉鎖に伴い法人客が減少し、全体の契約者数に影響することが見込まれるとしていた。

2013年通年の利払い・税・償却前利益(EBITDA、調整後)については、51億─53億ドルとの見通しを維持した。同見通しには、ソフトバンクによる買収およびクリアワイヤ買収による希薄化効果が含まれる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。