MTVビデオ賞、「カーディ・B」に注目集まる

最多10部門にノミネート

音楽専門チャンネルの米MTVは、2018年の「MTVビデオ・ミュージック・アワード」の候補を発表し、ラップ歌手カーディ・Bが最多10部門にノミネートされた(写真:REUTERS/Eduardo Munoz)

[ロサンゼルス 16日 ロイター] - 音楽専門チャンネルの米MTVは、2018年の「MTVビデオ・ミュージック・アワード」の候補を発表し、ラップ歌手カーディ・Bが最多10部門にノミネートされた。

カーディ・Bはニューヨーク生まれの25歳で、音楽業界で今最も注目を集める歌手のひとり。最優秀アーティストと最優秀新人の両方にノミネートされた。

ザ・カーターズ(ビヨンセ&ジェイ・Z)が8部門、チャイルディッシュ・ガンビーノ(俳優ドナルド・グローヴァーの音楽活動時の名前)が7部門で候補に選ばれた。

テイラー・スウィフトは3部門、エド・シーランは4部門など、全体としてラップ音楽の人気を反映したノミネーションとなった。

授賞式は8月20日にニューヨークで開催され、ライブ中継される。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT