MTVビデオ賞、「カーディ・B」に注目集まる

最多10部門にノミネート

音楽専門チャンネルの米MTVは、2018年の「MTVビデオ・ミュージック・アワード」の候補を発表し、ラップ歌手カーディ・Bが最多10部門にノミネートされた(写真:REUTERS/Eduardo Munoz)

[ロサンゼルス 16日 ロイター] - 音楽専門チャンネルの米MTVは、2018年の「MTVビデオ・ミュージック・アワード」の候補を発表し、ラップ歌手カーディ・Bが最多10部門にノミネートされた。

カーディ・Bはニューヨーク生まれの25歳で、音楽業界で今最も注目を集める歌手のひとり。最優秀アーティストと最優秀新人の両方にノミネートされた。

ザ・カーターズ(ビヨンセ&ジェイ・Z)が8部門、チャイルディッシュ・ガンビーノ(俳優ドナルド・グローヴァーの音楽活動時の名前)が7部門で候補に選ばれた。

テイラー・スウィフトは3部門、エド・シーランは4部門など、全体としてラップ音楽の人気を反映したノミネーションとなった。

授賞式は8月20日にニューヨークで開催され、ライブ中継される。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。