MTVビデオ賞、「カーディ・B」に注目集まる

最多10部門にノミネート

音楽専門チャンネルの米MTVは、2018年の「MTVビデオ・ミュージック・アワード」の候補を発表し、ラップ歌手カーディ・Bが最多10部門にノミネートされた(写真:REUTERS/Eduardo Munoz)

[ロサンゼルス 16日 ロイター] - 音楽専門チャンネルの米MTVは、2018年の「MTVビデオ・ミュージック・アワード」の候補を発表し、ラップ歌手カーディ・Bが最多10部門にノミネートされた。

カーディ・Bはニューヨーク生まれの25歳で、音楽業界で今最も注目を集める歌手のひとり。最優秀アーティストと最優秀新人の両方にノミネートされた。

ザ・カーターズ(ビヨンセ&ジェイ・Z)が8部門、チャイルディッシュ・ガンビーノ(俳優ドナルド・グローヴァーの音楽活動時の名前)が7部門で候補に選ばれた。

テイラー・スウィフトは3部門、エド・シーランは4部門など、全体としてラップ音楽の人気を反映したノミネーションとなった。

授賞式は8月20日にニューヨークで開催され、ライブ中継される。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT