クラロワのeスポーツが1億円賞与を出すワケ

選手はチームから「給料」をもらっている

eスポーツの場合は、良くも悪くも、そのゲームタイトルをリリースしているIPホルダーがいて、そこから運営資金を出してもらうことができるので、多くのスポーツがプロリーグ化するときの最大の問題点である資金不足をクリアできてしまいます。

そのため、地域性やファン主導でのバックアップが、ほかのスポーツに比べて遅れてしまうというウイークポイントも発生します。そのあたりのバランスをどう取るのかが、eスポーツの課題なのではないでしょうか。

まだまだ手探り状態での運営

プロリーグの運営を先陣切って走っているSupercellですが、今後の多くは未定です。現在は、「クラロワリーグ アジア」が4月27日に開幕し、70試合以上のレギュラーシーズンを終えたばかりです。6月23日にはプレーオフトーナメントのワイルドカード出場枠のトーナメント戦が行われ、7月15日に韓国・ソウルで行われた決勝戦にてファーストシーズンの優勝チームが決定しました。確定しているのはここまでです。

セミプレーオフから勝ち上がり、見事クラロワリーグ アジアのファーストシーズンの王者に輝いたポノススポーツ(筆者撮影)

セカンドシーズンと世界一決定戦の開催は予定されていますが、ファーストシーズンとセカンドシーズンの覇者がそれぞれ世界一決定戦に進めるのか、それとも「クラロワリーグ アジア」の年間チャンピオンを決定してから、世界一決定戦に出場するのか、ファーストシーズンとセカンドシーズンの両方で同じチームが優勝した場合、それぞれのシーズンの2位が争って両シーズン1位と代表権を争うプレーオフは開催されるのか、そのあたりの話はすべて未定だと殿村氏は語っています。

プロスポーツとしてのリーグ戦をeスポーツで先駆けて行っている「クラロワリーグ」だけに、その動向が今後のeスポーツのプロリーグ運営に大きな影響を与えるのは確実です。まだまだ手探り状態での運営だということは重々理解したうえで、なんとか最適解を見つけ、日本のeスポーツの礎となってほしいところです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。