イングランド監督、「変更点はわずかだけ」

ベルギー戦への準備について語る

7月13日、サッカーのイングランド代表ガレス・サウスゲート監督はW杯ロシア大会の3位決定戦を前に、これまで通りの戦いで臨むと語った(2018年 ロイター/Sergio Perez)

[サンクトペテルブルク 13日 ロイター] - サッカーのイングランド代表ガレス・サウスゲート監督は13日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の3位決定戦を前に、これまで通りの戦いで臨むと語った。

サウスゲート監督は選手起用についてコンディションを重視する考えを明らかにし、「全く同じスタメンにはならないだろう」とした一方で「できるだけ変更点はわずかにしたい」と話した。

また、チームの戦術やプレーについてサウスゲート監督は、これまでにやってきたチームのスタンダードを踏襲する考えを示した。

サウスゲート監督は準決勝での敗戦を受けての試合に「精神的には非常に困難な数日間だった」としたが、「過去に1回しかないW杯でのメダル獲得に高い意欲がある」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。