ツイッター、1日100万超のアカウントを凍結

5〜6月だけで7000万超を凍結

7月6日、米紙ワシントン・ポストは、短文投稿サイトを運営する米ツイッターが、誤報や偽情報を減らすため、最近数カ月間で1日当たり100万を超える数のアカウントを凍結したと報じた。  2016年9月撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[6日 ロイター] - 米紙ワシントン・ポストは6日、短文投稿サイトを運営する米ツイッター<TWTR.N>が、誤報や偽情報を減らすため、最近数カ月間で1日当たり100万を超える数のアカウントを凍結したと報じた。  

同紙が入手したデータによると、ツイッターは5─6月に7000万を超える数のアカウントを凍結。7月も同様のペースでアカウント凍結が続いているという。  

ワシントン・ポストはツイッターの信頼・安全担当副社長のデル・ハービー氏の話として、大規模なアカウント凍結でツイッターのアクティブユーザー数に大きな影響は出ていないと伝えた。一方で、望ましくないアカウントの積極的な凍結によって、第2・四半期の月間ユーザー数は珍しく減少する可能性があるとの関係筋の見方も紹介している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT