ツイッター、1日100万超のアカウントを凍結

5〜6月だけで7000万超を凍結

7月6日、米紙ワシントン・ポストは、短文投稿サイトを運営する米ツイッターが、誤報や偽情報を減らすため、最近数カ月間で1日当たり100万を超える数のアカウントを凍結したと報じた。  2016年9月撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[6日 ロイター] - 米紙ワシントン・ポストは6日、短文投稿サイトを運営する米ツイッター<TWTR.N>が、誤報や偽情報を減らすため、最近数カ月間で1日当たり100万を超える数のアカウントを凍結したと報じた。  

同紙が入手したデータによると、ツイッターは5─6月に7000万を超える数のアカウントを凍結。7月も同様のペースでアカウント凍結が続いているという。  

ワシントン・ポストはツイッターの信頼・安全担当副社長のデル・ハービー氏の話として、大規模なアカウント凍結でツイッターのアクティブユーザー数に大きな影響は出ていないと伝えた。一方で、望ましくないアカウントの積極的な凍結によって、第2・四半期の月間ユーザー数は珍しく減少する可能性があるとの関係筋の見方も紹介している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。