クロアチアW杯4強、PK戦で開催国ロシア下す

11日の準決勝でイングランドと対戦

 7月7日、サッカーのW杯ロシア大会、準々決勝でクロアチアはPK戦の末、ロシアを下した。写真は勝利を喜ぶクロアチアの選手たち(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ソチ(ロシア) 7日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は7日、各地で準々決勝の試合を行い、クロアチアはPK戦の末、ロシアを下した。

前半31分に先制されたクロアチアは、同39分にアンドレイ・クラマリッチが同点ゴール。延長11分に勝ち越したが、残り5分でマリオ・フェルナンデスにゴールを決められ、ロシアに追いつかれた。しかし2─2で迎えたPK戦を4─3で制した。

クロアチアは11日の準決勝でイングランドと戦う。

ロシアのスタニスラフ・チェルチェソフ監督は「今大会でのチームのプレーにとても満足している。粘り強さを発揮し、全力を尽くしてくれた」と選手たちをねぎらった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT