クロアチアW杯4強、PK戦で開催国ロシア下す

11日の準決勝でイングランドと対戦

 7月7日、サッカーのW杯ロシア大会、準々決勝でクロアチアはPK戦の末、ロシアを下した。写真は勝利を喜ぶクロアチアの選手たち(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ソチ(ロシア) 7日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は7日、各地で準々決勝の試合を行い、クロアチアはPK戦の末、ロシアを下した。

前半31分に先制されたクロアチアは、同39分にアンドレイ・クラマリッチが同点ゴール。延長11分に勝ち越したが、残り5分でマリオ・フェルナンデスにゴールを決められ、ロシアに追いつかれた。しかし2─2で迎えたPK戦を4─3で制した。

クロアチアは11日の準決勝でイングランドと戦う。

ロシアのスタニスラフ・チェルチェソフ監督は「今大会でのチームのプレーにとても満足している。粘り強さを発揮し、全力を尽くしてくれた」と選手たちをねぎらった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。