クロアチアW杯4強、PK戦で開催国ロシア下す

11日の準決勝でイングランドと対戦

 7月7日、サッカーのW杯ロシア大会、準々決勝でクロアチアはPK戦の末、ロシアを下した。写真は勝利を喜ぶクロアチアの選手たち(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ソチ(ロシア) 7日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は7日、各地で準々決勝の試合を行い、クロアチアはPK戦の末、ロシアを下した。

前半31分に先制されたクロアチアは、同39分にアンドレイ・クラマリッチが同点ゴール。延長11分に勝ち越したが、残り5分でマリオ・フェルナンデスにゴールを決められ、ロシアに追いつかれた。しかし2─2で迎えたPK戦を4─3で制した。

クロアチアは11日の準決勝でイングランドと戦う。

ロシアのスタニスラフ・チェルチェソフ監督は「今大会でのチームのプレーにとても満足している。粘り強さを発揮し、全力を尽くしてくれた」と選手たちをねぎらった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT