ガンホー、3Qまでの営業益は前年比28倍

「パズドラ」超ヒットで、すでに別の会社に

10月29日、ガンホーが発表した2013年1─9月期の連結業績は、営業利益が前年比28倍の685億円だった。写真は主力のスマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴン(パズドラ)」の画面。4月撮影(2013年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 29日 ロイター] -ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>が29日発表した2013年1─9月期の連結業績は、営業利益が前年比28倍の685億円だった。主力のスマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴン(パズドラ)」の大ヒットで売上高が前年比10倍の1162億円に膨らんだ。

足元も好調が続いており、単体の10月売上高は前年比6.2倍の130億円を見込む。11月以降は、ソフトバンク<9984.T>と共同買収したフィンランドのゲーム会社スーパーセルの一部利益も上乗せされる。

同社は12月通期の業績予想は公表していない。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。