ガンホー、3Qまでの営業益は前年比28倍

「パズドラ」超ヒットで、すでに別の会社に

10月29日、ガンホーが発表した2013年1─9月期の連結業績は、営業利益が前年比28倍の685億円だった。写真は主力のスマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴン(パズドラ)」の画面。4月撮影(2013年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 29日 ロイター] -ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>が29日発表した2013年1─9月期の連結業績は、営業利益が前年比28倍の685億円だった。主力のスマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴン(パズドラ)」の大ヒットで売上高が前年比10倍の1162億円に膨らんだ。

足元も好調が続いており、単体の10月売上高は前年比6.2倍の130億円を見込む。11月以降は、ソフトバンク<9984.T>と共同買収したフィンランドのゲーム会社スーパーセルの一部利益も上乗せされる。

同社は12月通期の業績予想は公表していない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT