モスクワに「ボールを持つ妻」の巨大壁画

外国人観戦者を歓迎するためのもの

 サッカーのワールドカップ(W杯)が開催中のロシアで、広告会社ノバテク・アートが12階建て建築物の壁面に、ユニホーム姿の女性がボールを持っている巨大な絵を描いた。責任者の妻がモデルで、外国人観戦者を歓迎するためのものだという。6月30日撮影(2018年 ロイター/TATYANA MAKEYEVAs)

[モスクワ 3日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)が開催中のロシアで、広告会社ノバテク・アートが12階建て建築物の壁面に、ユニホーム姿の女性がボールを持っている巨大な絵を描いた。責任者の妻がモデルで、外国人観戦者を歓迎するためのものだという。

建物はモスクワのジュレビノ地区にあり、費用は同市当局が負担した。巨大壁画はほかにも3カ所あるという。

絵の作者の1人はタイ人芸術家のムエ・ボンさんで、W杯関連の別のプロジェクトでロシア政府が招いた。

身内を題材とした今回の壁画に対しては、ストリートアート関係者の一部から批判が出ている。ただ、今回モデルとなった女性は「金髪のロシア女性がボールを持っている絵の題材が、作者の知り合いなのか全く知らない人なのかなど、誰も意に介さないだろう」と一蹴した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。