「ポケGO」、AR技術を他のゲームに提供へ

具体的な提供時期は示さず

 6月28日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の開発・運営を手掛ける米ナイアンティックは28日、ポケモンGOを支える仮想現実(AR)技術を他のゲーム会社に提供する計画だと発表。都内で2016年撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[28日 ロイター] - スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の開発・運営を手掛ける米ナイアンティックは28日、ポケモンGOを支える仮想現実(AR)技術を他のゲーム会社に提供する計画だと発表した。

ナイアンティックは「リアル・ワールド・プラットフォーム」と呼ばれるAR技術の詳細を公表。同社幹部は、3次元映像が常に現実世界の物体よりも前面に配置されてしまう「オクル―ジョン」と呼ばれる問題や、複数人でゲームを行うという課題に取り組んだと説明した。

ナイアンティックはリアル・ワールド・プラットフォームが他のゲーム会社によって使われる日が来ると期待しているとしたが、具体的な提供時期は示さなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。