米国株式市場、ハイテク株主導で大幅安

貿易摩擦を巡り一段と懸念が強まる

 6月25日、米国株式市場は大幅安。米国と主要諸国との貿易摩擦がエスカレートの兆しを見せる中、S&P総合500とナスダック総合は2カ月以上ぶりとなる大幅な下げを記録した。ニューヨーク証券取引所で撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 米国株式市場は大幅安。米国と主要諸国との貿易摩擦がエスカレートの兆しを見せる中、S&P総合500とナスダック総合は2カ月以上ぶりとなる大幅な下げを記録した。

ダウ平均は2016年6月以来で初めて、200日移動平均を下回って終了した。

米政府高官は24日夜、中国資本が25%以上を占める企業に対し、「産業上重要な技術」を保有する米国企業の買収を禁じる規則を策定中だと明らかにした。

これを受け、25日の取引でS&P500は一時2%下落。その後、ムニューシン財務長官が財務省が導入を計画している米ハイテク企業への投資制限について、中国だけに限定した措置ではなく、「米国の技術を盗用しようとする全ての国」が対象になると説明した。

一方、ホワイトハウスのナバロ通商製造政策局長は25日のCNBCとのインタビューで、トランプ政権が提案する米ハイテク企業への投資規制はいずれも中国を視野に入れたもので、世界全体を対象としているわけではないとの認識を示した。

これを受け、主要指数はこの日の下げの一部をようやく取り戻した。

投資家は、ナバロ氏の発言は幾分安心感を与えるものだが、通商関係を巡る不確実性はまだ残っていると指摘する。

ハートランド(ニューヨーク)のシニアマネージングディレクター、ジム・アワド氏は「トランプ政権の高官から相反するシグナルが出されたことは状況がまだ落ち着いていないことを示す」と語った。

株式投資家の不安心理の度合いを示すボラティリティー・インデックス(VIX指数)<.VIX>は約1カ月ぶりとなる高水準に急伸した。

株価は大半のセクターで下げたが、最も下げたのはハイテク株。ハイテク株の比率が大きいナスダック総合は2.1%安で引けた。S&P情報技術株は2.3%下げ、下落率は2カ月超ぶりの大きさを記録した。

フィラデルフィア半導体指数<.SOX>は3.1%下落。米国の半導体メーカーにとって中国での売り上げは大部分を占める。

個別銘柄では、インターネット関連大手4社から成る「FANG」銘柄が大幅安。フェイスブック<FB.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、ネットフリックス<NFLX.O>、グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>の4銘柄は2.6─6.5%下落した。

米オートバイ製造大手ハーレー・ダビッドソン<HOG.N>は6%安。同社は25日、欧州向けオートバイの生産を米国から海外に移す方針を発表。米国が今月から欧州連合(EU)などに適用した鉄鋼・アルミニウム製品への輸入関税に対抗し、EUが農産物やオートバイを含む米製品に25%の関税措置を発動したことを受けた動き。同社はさらに、EUの報復関税の影響で、年間のコストが9000万─1億ドル拡大するとの見通しを示した。

ハーレー・ダビッドソンの発表を受け、貿易摩擦の激化によって同様の対策を講じる米企業が相次ぎ、結果として米国経済の成長が阻害されるとの懸念が生じている。

半面、キャンベル・スープ<CPB.N>は9.4%高と、S&P500銘柄で上昇率トップ。ニューヨーク・ポスト紙は関係筋の話として、クラフト・ハインツ<KHC.O>が買収に非常に関心を持っており、近く売却を開始すると伝えた。

ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を3.29対1の比率で上回った。ナスダックも3.24対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は77億4000万株。直近20営業日の平均は73億2000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 24252.80 -328.09 -1.33 24463.73 24463.73 24084.39 <.DJI>

前営業日終値 24580.89

ナスダック総合 7532.01 -160.81 -2.09 7631.12 7639.73 7477.73 <.IXIC>

前営業日終値7692.82

S&P総合500種 2717.07 -37.81 -1.37 2742.94 2742.94 2698.67 <.SPX>

前営業日終値2754.88

ダウ輸送株20種 10521.23 -251.97 -2.34 <.DJT>

ダウ公共株15種 707.87 +11.27 +1.62 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1328.04 -42.96 -3.13 <.SOX>

VIX指数 17.33 +3.56 +25.85 <.VIX>

S&P一般消費財 867.52 -19.29 -2.17 <.SPLRCD>

S&P素材 361.24 -5.35 -1.46 <.SPLRCM>

S&P工業 602.73 -7.59 -1.24 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 532.75 +2.35 +0.44 <.SPLRCS>

S&P金融 445.20 -4.65 -1.03 <.SPSY>

S&P不動産 199.43 -0.36 -0.18 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 543.60 -12.22 -2.20 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 974.48 -8.89 -0.90 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 146.28 -0.11 -0.08 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1217.55 -28.39 -2.28 <.SPLRCT>

S&P公益事業261.76 +4.25 +1.65 <.SPLRCU>

NYSE出来高9.29億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 22195 - 105 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限円建て 22155 - 145 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ホテル爆増<br>熱狂の開業ラッシュ

2017〜20年で大都市のホテル客室数は3割以上の増加。ただし、ビジネスホテルなどの宿泊特化型に偏っており、供給過剰と競争激化の懸念も。業界は持続的に成長できるのか。