インスタ、最長1時間の動画投稿アプリの狙い

アプリ「IGTV」はユーチューブへの対抗

 6月20日、米フェイスブック傘下の写真共有アプリ、インスタグラムは、モバイル端末を通じて最長1時間の動画を投稿できるアプリ「IGTV」を立ち上げた。シンガポールで昨年8月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[サンフランシスコ 20日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>傘下の写真共有アプリ、インスタグラムは20日、モバイル端末を通じて最長1時間の動画を投稿できるアプリ「IGTV」を立ち上げた。米グーグル<GOOGL.O>傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」に対抗する。

インスタグラムのケビン・シストロム最高経営責任者(CEO)は発表イベントで「10代の若者は5年前に比べてテレビの視聴が40%減っている。動画を発展させる時だ」と述べた。CEOによると、インスタグラムのユーザー数は10億人を超えている。

インターネット界の著名人やペットの動画などを全面に押し出し、ユーザー獲得につなげる計画。インスタグラムのフォロワー数が2500万人に上るベネズエラ人クリエーターのレレ・ポンズさんらと契約を結んだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT