インスタ、最長1時間の動画投稿アプリの狙い

アプリ「IGTV」はユーチューブへの対抗

 6月20日、米フェイスブック傘下の写真共有アプリ、インスタグラムは、モバイル端末を通じて最長1時間の動画を投稿できるアプリ「IGTV」を立ち上げた。シンガポールで昨年8月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[サンフランシスコ 20日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>傘下の写真共有アプリ、インスタグラムは20日、モバイル端末を通じて最長1時間の動画を投稿できるアプリ「IGTV」を立ち上げた。米グーグル<GOOGL.O>傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」に対抗する。

インスタグラムのケビン・シストロム最高経営責任者(CEO)は発表イベントで「10代の若者は5年前に比べてテレビの視聴が40%減っている。動画を発展させる時だ」と述べた。CEOによると、インスタグラムのユーザー数は10億人を超えている。

インターネット界の著名人やペットの動画などを全面に押し出し、ユーザー獲得につなげる計画。インスタグラムのフォロワー数が2500万人に上るベネズエラ人クリエーターのレレ・ポンズさんらと契約を結んだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT