うつ病や自殺さえ招く「薬の副作用」の新常識

米大学の最新研究が明かす副作用の実態とは?

もし薬によるうつ病が疑われたら、どうすればよいか。大切なのは、勝手に服用を中止せず、まずは担当医と相談することだ。

前出の厚労省マニュアルには、「できれば減量・中止して、経過を慎重に観察することが重要」と記載されている。減量または中止してうつ病が改善すれば、その薬物がうつ病の原因であったことが判明するというわけである。

処方薬5剤以上で体調不良なら医師に相談を

OECDヘルスデータ2015によると、日本はアメリカに次いで2番目に1人当たりの医薬品支出が多い国だという。リーマンショック以降、OECD諸国では医薬品費が抑制される傾向にあるが、日本では年平均5%で医薬品費が伸び続けている。

日本では多種類の薬を併用することにより患者に悪影響が起きる「ポリファーマシー(多剤併用・多剤処方)」も以前から問題となっている。

2016年社会医療診療行為別統計によると、40歳以上では1件当たり3種類以上の薬剤が処方されている割合が50%に達している。さらに高齢になればなるほど、抱えている疾患が増え、違う診療科から複数の薬剤を処方されるようになる。このため、75歳以上になるとこの割合は60%を超える。

特に専門家の間では、5剤以上の多剤併用・多剤処方では、副作用や死亡、日常生活動作の低下、転倒などの増加につながることが以前から指摘されている。

現時点で5剤以上処方されている薬があり、何らかの不調が続いているようなら、副作用の観点からも医師と薬を見直すいいタイミングかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT