衝撃!WHOがゲーム中毒を「精神疾患」と認定

ゲーム業界のロビー団体は反発

ゲーム中毒は、WHOによって精神疾患のひとつとして認識される見通しだ(写真:REUTERS/Mike Blake)

ゲーム中毒は、世界保健機関(WHO)によって精神疾患のひとつとして認識される見通しだ。6月18日、WHOが明らかにした。

WHOの国際疾病分類(ICD)は、認知され診断可能な疾患の参考書のバイブル的存在である。ICDによると、デジタルゲームおよびビデオゲームへの中毒性は「持続性または再発性のある行動パターン」とされており、「人生における他の利益よりも優先される」ほど広範に及ぶもの、と記している。

日常活動を完全に放棄して1日20時間もプレイ

WHOの精神疾患および薬物乱用の専門家であるシェカー・サクセナ氏は「世界における数多くの研究のうち最悪の事例は、睡眠、食事、仕事や学校、およびその他の日常活動を完全に放棄し、1日最長20時間プレイしているゲーマーについてのものだ」と述べる。

サクセナ氏は、デジタルゲームおよびビデオゲームをプレイする者の中でも大多数は病気にはならないこと、ほんの少数の人々だけが病気になることを強調したが、早期に前兆を認知することによって中毒になることを防げると述べた。

サクセナ氏は「多くのケースでは散発的、または一時的な行為であり心配はいらない」と言う。ただし、他のことをおろそかにしてゲームにハマる状態が1年ほど続く場合に限り、精神疾患の可能性があると付け加えた。

次ページ業界団体は反発
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。