衝撃!WHOがゲーム中毒を「精神疾患」と認定

ゲーム業界のロビー団体は反発

ゲーム中毒は、WHOによって精神疾患のひとつとして認識される見通しだ(写真:REUTERS/Mike Blake)

ゲーム中毒は、世界保健機関(WHO)によって精神疾患のひとつとして認識される見通しだ。6月18日、WHOが明らかにした。

WHOの国際疾病分類(ICD)は、認知され診断可能な疾患の参考書のバイブル的存在である。ICDによると、デジタルゲームおよびビデオゲームへの中毒性は「持続性または再発性のある行動パターン」とされており、「人生における他の利益よりも優先される」ほど広範に及ぶもの、と記している。

日常活動を完全に放棄して1日20時間もプレイ

WHOの精神疾患および薬物乱用の専門家であるシェカー・サクセナ氏は「世界における数多くの研究のうち最悪の事例は、睡眠、食事、仕事や学校、およびその他の日常活動を完全に放棄し、1日最長20時間プレイしているゲーマーについてのものだ」と述べる。

サクセナ氏は、デジタルゲームおよびビデオゲームをプレイする者の中でも大多数は病気にはならないこと、ほんの少数の人々だけが病気になることを強調したが、早期に前兆を認知することによって中毒になることを防げると述べた。

サクセナ氏は「多くのケースでは散発的、または一時的な行為であり心配はいらない」と言う。ただし、他のことをおろそかにしてゲームにハマる状態が1年ほど続く場合に限り、精神疾患の可能性があると付け加えた。

次ページ業界団体は反発
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT