こうして、てんやから「上天丼」が消えた

エビの価格高騰をもたらした東南アジアの根深い問題

バナメイ減産の煽りを受けているのは、ブラックタイガーだけではない。ある水産大手は、「バナメイの代替品として、アルゼンチンの天然アカエビなど(東南アジア産以外のエビ)の引き合いが増えている」と明かす。「外食店や小売店の間で『エビなら何でもいい』と取り合いが続いており、エビが全体的に品薄になっている」(別の水産大手)のだ。

販売再開まで1年以上かかる?

てんやが新たに投入した「海鮮かき揚げ天丼」

今回、てんやが販売を休止したのは、エビが2本入ったメニューのみ。主力の「天丼」(500円)など、エビが1本しか入っていないほかのメニューは価格を据え置いて販売を継続する。

10月21日からは牡蠣などを使った秋限定メニューを投入し、「上天丼」などの販売を休止した影響を抑えたい考えだ。

てんやを傘下に置くロイヤルホールディングスは、「エビの価格が落ち着けば、販売を再開したい」との方針。だが、「数カ月単位で仕入れ価格が戻るとは思っていない。販売再開までには、最低でも1年はかかる」と、楽観はしていない。

なぜ、それほどまでに時間がかかるのか。

実は、EMSがここまで流行した原因は明確に特定できていない。そのため、バナメイの生産量が回復するメドはまだ立っていない。関係者によれば、現地の養殖業者は病気が発生した養殖池の使用をやめて別の場所に移したり、水質を改善したりと試行錯誤を続けているが、先行きは依然として不透明だ。

次ページ実は根深い養殖業者の問題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。