最短最速でやせる?「最強スクワット」のコツ

大人気のトレーナーが教える

スクワットで脂肪燃焼体質になりましょう!(写真:g-stockstudio/iStock)
運動が苦手でも、簡単で効果が出る方法があれば習慣にできるはず。ジムに通うのは面倒という出不精な方には、家でできるプチエクササイズがおすすめ。人気のパーソナルトレーナー、坂詰真二さんに聞きました。

「世界一やせるスクワット」で脂肪燃焼体質になる

当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

最近、話題のスクワット。本当にこれだけで痩せられるのでしょうか?

「女子の筋肉の7割は下半身にあります。スクワットで下半身の筋肉を効率よく鍛える習慣をつけると代謝が上がり、ヤセやすくなるのです」(坂詰さん)

“ひざ閉じスクワット” と“エアランニング”で、脂肪燃焼をスピードアップ!

猫背も解決! ひざ閉じスクワット

(写真:VOCE)

(1)ひざの間に雑誌をはさんで脚を閉じ浅く座る

イスに浅く座り、ひざの間に雑誌やタオルなどをはさんで、脚を閉じてかかとをイスのほうに近づける。両手は後ろで組み、胸を張って、少し前傾姿勢に。

次ページ脂肪が燃える「エアランニング」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。