総務省、ソフトバンクの販売手法に行政指導

販売店に対して割引価格を具体的に提案

 6月6日、総務省はソフトバンクが販売店に対して不適正な割引指示を行っていたとして、行政指導を行った。2017年7月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 6日 ロイター] - 総務省は6日、ソフトバンクが販売店に対して不適正な割引指示を行っていたとして、行政指導を行った。27日までに事実関係の調査と再発防止策を報告するよう求めた。

総務省によると、ソフトバンクは販売店に対して端末販売の割引額について具体的な金額を提案していた。同省はこれは販売価格を事実上拘束するもので、電気通信の健全な発展を阻害しかねないと判断。さらに一部の端末では「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」に沿わない不適正な水準の端末購入補助があったと認定、行政指導に踏み切った。

これに対してソフトバンクは「指導を真摯に受け止め、今後の対応について社内で検討する」とのコメントを発表した。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT