日大アメフト選手の償いとメディアの無慈悲

ひどいのは監督、コーチ、学校だけではない

当然ながら日大も、学校組織として、教育現場としての誠実な対応を問われるでしょう。実際、会見から数時間後、広報部が文書でコメントを発表しました。しかし、それは再び首をかしげざるを得ないものだったのです。

「誤解」「言葉足らず」日大広報部の苦しい釈明

「コーチから『1プレー目でクォーターバックをつぶせ』という言葉があったということは事実です。ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です。誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います」「宮川選手と監督・コーチとのコミュニケーションが不足していたことにつきまして、反省いたしております」

誤解、言葉足らず、コミュニケーション不足……これらは謝罪文で最も使用してはいけない類のフレーズ。しかも一部のみを抽出し、それ以外のところでも宮川選手を追い詰めていたことに関して言及していません。

文書での中途半端な釈明に留めたことも含めて、日大に対する風当たりはますます強くなっていくでしょう。拙速な対応の数々を見る限り、クライシス・コミュニケーションの専門家がアドバイスしているとは思えないだけに、今後にも暗雲が垂れ込めています。

今回の騒動は少し目線を変えれば、「企業における社員の内部告発」に置き換えられるのではないでしょうか。ビジネスパーソンのみなさんにとっても、個人と組織、それぞれの責任の取り方を学ぶ機会とも言えるのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。