中国民間企業、初の宇宙ロケット打ち上げ

「世界大手の一角を成すようになりたい」

 5月17日、中国で初の民間開発による宇宙ロケット「重慶両江之星」が北西部の発射台から打ち上げられ、周回軌道に入った。新華社が報じた。提供写真(2018年 ロイター)

[北京 17日 ロイター] - 中国で17日、初の民間開発による宇宙ロケット「重慶両江之星」が北西部の発射台から打ち上げられ、周回軌道に入った。新華社が報じた。習近平国家主席は2012年の就任以来、中国を「宇宙大国」にすることを政府の最優先課題としている。

ロケットは、北京に拠点を置く2015年設立の民間企業「零壱空間」(ワンスペース・テクノロジー)が開発した。

ワンスペースのMa Chao会長によると、同社開発の固体ロケットエンジンが搭載され、制御システムは利用者の需要に合わせたカスタマイズが可能だという。

報道によると、「OS―XO」として知られるこのロケットは、高度800キロメートルの周回軌道に重量100キログラムの物体を投入することができるという。

同社の創業者であるShu Chang氏は前週、国営英字紙チャイナ・デイリーに対し、2019年に打ち上げ機のための10件のミッションを実行する予定だと説明。「小規模衛星の打ち上げ業者として世界大手の一角を成すようになりたい」と話した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。