サントリー「白州12年」「響17年」の販売休止へ

販売休止時期は在庫の状況次第

 5月15日、サントリーホールディングスは傘下のサントリースピリッツが国産ウイスキーの一部商品の販売を休止する見通しを明らかにした。対象は「白州12年」と「響17年」。ウイスキー人気が高まったことで原酒が不足している。写真は店頭に並ぶサントリーのウイスキー。2016年6月撮影(2018年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[東京 15日 ロイター] - サントリーホールディングス[SUNTH.UL]は15日、傘下のサントリースピリッツが国産ウイスキーの一部商品の販売を休止する見通しを明らかにした。対象は「白州12年」と「響17年」。ウイスキー人気が高まったことで原酒が不足している。

販売休止時期は在庫の状況次第となるが、「白州12年」は6月ごろ、「響17年」は9月ごろになる見通し。「白州12年」は12年以上、「響17年」は17年以上寝かせた原酒を使用する商品だが、販売再開時期は、需要動向などが影響するため現時点では未定。同社では、2020年までに180億円を投資して、原酒の貯蔵能力を約2割拡大するなど設備投資を行って需要増に対応する方針。

低迷していたウイスキー市場は、ハイボールの登場で需要が拡大。2017年のウイスキー市場(国産・輸入)は08年比約1.9倍に伸長した。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT