サントリー「白州12年」「響17年」の販売休止へ

販売休止時期は在庫の状況次第

 5月15日、サントリーホールディングスは傘下のサントリースピリッツが国産ウイスキーの一部商品の販売を休止する見通しを明らかにした。対象は「白州12年」と「響17年」。ウイスキー人気が高まったことで原酒が不足している。写真は店頭に並ぶサントリーのウイスキー。2016年6月撮影(2018年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[東京 15日 ロイター] - サントリーホールディングス[SUNTH.UL]は15日、傘下のサントリースピリッツが国産ウイスキーの一部商品の販売を休止する見通しを明らかにした。対象は「白州12年」と「響17年」。ウイスキー人気が高まったことで原酒が不足している。

販売休止時期は在庫の状況次第となるが、「白州12年」は6月ごろ、「響17年」は9月ごろになる見通し。「白州12年」は12年以上、「響17年」は17年以上寝かせた原酒を使用する商品だが、販売再開時期は、需要動向などが影響するため現時点では未定。同社では、2020年までに180億円を投資して、原酒の貯蔵能力を約2割拡大するなど設備投資を行って需要増に対応する方針。

低迷していたウイスキー市場は、ハイボールの登場で需要が拡大。2017年のウイスキー市場(国産・輸入)は08年比約1.9倍に伸長した。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。