サントリー「白州12年」「響17年」の販売休止へ

販売休止時期は在庫の状況次第

 5月15日、サントリーホールディングスは傘下のサントリースピリッツが国産ウイスキーの一部商品の販売を休止する見通しを明らかにした。対象は「白州12年」と「響17年」。ウイスキー人気が高まったことで原酒が不足している。写真は店頭に並ぶサントリーのウイスキー。2016年6月撮影(2018年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[東京 15日 ロイター] - サントリーホールディングス[SUNTH.UL]は15日、傘下のサントリースピリッツが国産ウイスキーの一部商品の販売を休止する見通しを明らかにした。対象は「白州12年」と「響17年」。ウイスキー人気が高まったことで原酒が不足している。

販売休止時期は在庫の状況次第となるが、「白州12年」は6月ごろ、「響17年」は9月ごろになる見通し。「白州12年」は12年以上、「響17年」は17年以上寝かせた原酒を使用する商品だが、販売再開時期は、需要動向などが影響するため現時点では未定。同社では、2020年までに180億円を投資して、原酒の貯蔵能力を約2割拡大するなど設備投資を行って需要増に対応する方針。

低迷していたウイスキー市場は、ハイボールの登場で需要が拡大。2017年のウイスキー市場(国産・輸入)は08年比約1.9倍に伸長した。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。