シアトル市、アマゾンなど大企業に新税導入

新税で見込む税収は4500万〜4900万ドル

 5月14日、米シアトル市の議会は、ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムなど市内の大企業に新たに課税する法案を賛成多数で可決した。写真はシアトルのアマゾン本社で1月撮影(2018年 ロイター/LINDSEY WASSON)

[シアトル 14日 ロイター] - 米シアトル市の議会は14日、ネット通販最大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>など市内の大企業に新たに課税する法案を賛成多数で可決した。

法案は、企業の業績拡大を背景に不動産価格が高騰し、住宅難が生じている問題に対応するもの。年間2000万ドル以上を稼ぐ企業を対象に、従業員の市内での勤務に1時間当たり約14セントの税を課し、従業員1人あたり年間約275ドルを企業から徴収する。

新税の適用期間は原則5年。新税で見込む税収4500万─4900万ドルは、手頃な価格の住宅の建設やホームレスの支援事業などに充てる。

アマゾンは当初、新たな課税案に反対し、今月初めには、市議会の議決結果が出るまでシアトル市内での新オフィス建設計画を凍結すると発表していた。

「この地でのわれわれの成長を疑問視せざるを得ない」

課税案の可決を受け、アマゾンは新オフィス建設計画を続行すると表明。その上で「われわれは、大企業に対する市議会の敵対的な姿勢によって生じた将来への懸念は消えておらず、この地でのわれわれの成長を疑問視せざるを得ない」とした。

また、新たな課税を免れるため、シアトル市内の第2オフィスとする予定で借りたビルに入居せず、サブリース(転貸)するかどうかを依然検討中だと明らかにした。

アマゾンのほか、シアトルに本社を構えるスターバックスや百貨店のノードストロームなども新税の対象となり、影響が予想される。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。