共同開発車がヒット。日産と三菱の深まる連携

日産・三菱提携の本気度

一段と進む提携関係、軽は共同事業に一本化

日産・三菱の軽事業での提携は、今後もさらに深まりそうだ。

三菱サイドでは現在、水島を軽自動車専用の工場にすべく抜本的な再編にも着手している。従来の4ラインを2ラインに集約し、能力を年間40万台に削減するとともに、レイアウトも大きく見直す計画だ。

ライン集約で工場内のスペースには大きな余裕が生まれるため、ここにプレス部品など輸送コストがかさむ大型部品メーカーの進出を促すことで、物流の大幅な効率化を狙う。

またNMKVは7月、水島工場内に拠点を新設し、開発・生産、物流の担当者を6人常駐させた。これまでは、協業とはいえ日産・NMKVのスタッフは水島工場にとってあくまで部外者であり、自由な行き来はできなかった。しかし水島工場内にNMKVの拠点ができたことで、日産から水島へのアクセスは容易になり、連携は強まる。「水島に出向きやすくなり、生産分野での共同作業のスピードアップが図れる」(日産・笠間氏)と期待する。

また、三菱は軽自動車の商用車について、14年からはスズキからのOEM調達に切り替える。これにより、三菱の軽自動車の開発・製造は日産との共同事業に一本化される。

経営再建が進みつつあるとはいえ単独での生き残りが不安視される三菱と、積極的な買収・提携で規模拡大を進めるルノー・日産連合。その組み合わせから、日産による三菱の買収観測は絶えない。

その真偽はともかく、軽事業に限れば両社の融合は着実に進んでいる。

週刊東洋経済2013年10月19日号

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。