福知山線脱線事故「遺族と元社長」13年の闘い

JR西日本を変えた2人の技術屋の出会い

組織改革の途上で退場を余儀なくされた山崎氏は、その退任会見で、「(井手氏とは)基本的に縁を切る」と、JR西グループと「天皇」との決別を宣言した。出戻りの技術屋社長が最後にあらためて示し、後進に託した改革への決意表明だった。

山崎氏はその後、社長在任時の不祥事(事故調委員に接触し、事故調査の情報を事前に得ていた情報漏洩問題)が発覚して大きな批判を浴びたが、淺野氏の信頼は揺るがなかった。

「彼の行為自体は軽率で稚拙だが、子会社から突然呼び戻された落下傘社長ゆえの心境は理解できなくもない。孤独と焦りから独り相撲を取ってしまったということでしょう」

鉄道本部長時代の過失が問われた山崎氏の裁判は2012年1月に無罪が確定し、現在彼は、同社が設立した安全研究所の技術顧問を務めている。

福知山線事故後に始まったJR西の安全への取り組みは、昨年12月の新幹線重大インシデントに見られたとおり、まだ浸透しきってはおらず、この先も予断は許さない。だが、安全投資、組織づくり、リスクやミスを報告する文化の奨励など、変わろうとする姿勢は確実に生まれている。輸送障害の減少ペースも、JR他社と比べて早い。その発端に、2人の技術屋の出会いと共鳴があったことは、あらためて強調しておきたい。

組織文化の変革は一朝一夕ではいかない

私が取材したJR西の幹部の一人は、事故後、名著『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』(中公文庫)を何度も読み返したという。その一節を『軌道』のエピグラフに引いた。

「組織が新たな環境変化に直面したときに最も困難な課題は、これまでに蓄積してきた組織文化をいかにして変革するかということである。組織文化は、組織の戦略とその行動を根底から規定しているからである」

組織文化の変革は一朝一夕ではいかない。たとえ、犠牲者が100人を超す巨大事故を起こした企業であってもだ。その長い道程を、私たちは厳しい目で見守っていくしかない。

淺野氏は25日、尼崎市内での追悼慰霊式に出席した後、午後1時半から「追悼と安全のつどい」を開く(入場無料。会場は「あましんアルカイックホール オクト」)。遺族とJR西関係者、安全問題の専門家たちが討論を行うことになっている。その案内状にこうある。

「今年は福知山線事故から13年。改めてあの惨事の検証過程と到達点を共有しつつ、今後の鉄道事業の在り方と安全への認識を一層深化させ、社会化していくために」

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT