トヨタは国内販売4チャネルを維持できるか

東京の4販社統合へ、カーシェア事業も視野に

トヨタは4月2日、東京の直営販社4社を2019年4月に統合すると発表した。写真はそのうちの2社、東京トヨペットとネッツトヨタ東京の店舗。国内市場が縮小する中、販売店改革が急務になっている(編集部撮影)

国内自動車業界で唯一、販売チャネル(系列)ごとに違う車種を販売するトヨタ自動車。販売戦略を見直し、将来のチャネル統合も視野に動き始めた。狙いは販売の効率化にある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

トヨタは4月2日、2019年4月に東京の直営販売会社4社を統合すると発表。トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4つの直営販社を一本化し、新会社を設立する。当面はチャネルを維持する方針だが、4チャネルの車種を一緒に売る店を設けるほか、高級車「レクサス」の販売も新会社が主導する体制に改める。

販売網再編待ったなしのトヨタ

トヨタは現在、トヨタブランドを4チャネルで展開。これまで消費者のライフスタイルやニーズに合わせて細かく分析した商品をチャネルごとにそろえてきた。高級車中心で最も歴史のあるトヨタ店では高級セダン「クラウン」(東京はトヨペット店でも扱う)、中級車中心で2番目に古いトヨペット店ではSUV(スポーツ多目的車)「ハリアー」、量販車種を扱うカローラ店では「カローラ」、コンパクト車中心のネッツ店では「ヴィッツ」など、チャネルごとの看板車種はその象徴だ。

トヨタの販売チャネルの一つ、「カローラ店」。ロングセラーの「カローラ」をはじめとして、量販車の品ぞろえが豊富だ(編集部撮影)

国内自動車業界はかつて、トヨタのようにどのメーカーも競って複数のチャネルを保有し、それぞれのチャネルに合わせた車種を開発・販売してきた。国内販売を統括するトヨタの佐藤康彦専務は「4チャネルは市場が拡大していたときに作った流通政策」と指摘。市場拡大の中、消費者も豊富な車種から自分の好みにあった車種が選びやすく、チャネル政策は時代にマッチしていた。

ただ、新車販売の国内市場はピークだった1990年の777万台に比べ、現在では3分の2の500万台規模に縮小。次世代車などの開発費も増大する中、日産自動車は2005年に2系列だったチャネルを実質的に一本化。ホンダも2006年に3系列のチャネルを統合し、全車種販売に踏み切った。トヨタも2004年にネッツ店とビスタ店を統合したが、販売網の一層の再編が待ったなしと言われてきた。

次ページ複数チャネルで展開する車種が増加中
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT