不振ジョコビッチ、アガシとの師弟関係解消

「考え方が違うことが多過ぎた」

 3月31日、男子テニスの元世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(右)は、アンドレ・アガシ氏(左)との師弟関係を解消した。メルボルンで1月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[ベオグラード 31日 ロイター] - 男子テニスの元世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、アンドレ・アガシ氏との師弟関係を解消した。

四大大会通算8回の優勝を誇るアガシ氏は昨年の全仏オープンの前に、ヘッドコーチとしてジョコビッチのチームに加わった。しかしひじのけがで長期離脱していたジョコビッチは、復帰後も本来の調子を取り戻せていない。

アガシ氏は米スポーツ専門局ESPNが報じた声明で「どうにかしてノバクを助けたかった。しかし考え方が違うことが多過ぎた」と述べた。

ジョコビッチのコーチングスタッフには、ラデク・ステパネク氏が残っている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?