不振ジョコビッチ、アガシとの師弟関係解消

「考え方が違うことが多過ぎた」

 3月31日、男子テニスの元世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(右)は、アンドレ・アガシ氏(左)との師弟関係を解消した。メルボルンで1月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[ベオグラード 31日 ロイター] - 男子テニスの元世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、アンドレ・アガシ氏との師弟関係を解消した。

四大大会通算8回の優勝を誇るアガシ氏は昨年の全仏オープンの前に、ヘッドコーチとしてジョコビッチのチームに加わった。しかしひじのけがで長期離脱していたジョコビッチは、復帰後も本来の調子を取り戻せていない。

アガシ氏は米スポーツ専門局ESPNが報じた声明で「どうにかしてノバクを助けたかった。しかし考え方が違うことが多過ぎた」と述べた。

ジョコビッチのコーチングスタッフには、ラデク・ステパネク氏が残っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT