不振ジョコビッチ、アガシとの師弟関係解消

「考え方が違うことが多過ぎた」

 3月31日、男子テニスの元世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(右)は、アンドレ・アガシ氏(左)との師弟関係を解消した。メルボルンで1月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[ベオグラード 31日 ロイター] - 男子テニスの元世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、アンドレ・アガシ氏との師弟関係を解消した。

四大大会通算8回の優勝を誇るアガシ氏は昨年の全仏オープンの前に、ヘッドコーチとしてジョコビッチのチームに加わった。しかしひじのけがで長期離脱していたジョコビッチは、復帰後も本来の調子を取り戻せていない。

アガシ氏は米スポーツ専門局ESPNが報じた声明で「どうにかしてノバクを助けたかった。しかし考え方が違うことが多過ぎた」と述べた。

ジョコビッチのコーチングスタッフには、ラデク・ステパネク氏が残っている。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。