日韓の「パラアイスホッケー」で結ばれた絆

銅メダル獲得、韓国躍進の背景に日本の存在

そんな日本と韓国は平昌パラリンピックでは同じリーグの初戦で顔を合わせた。結果は4対1と韓国が勝利し、その後、韓国は3位決定戦でイタリアを破り銅メダルとなった。日本代表は初戦から勝てず、8チーム中8位という結果だった。

最後の試合となったスウェーデン戦の後、リンクには大きくうなだれていた選手たちの姿がぽつねんと残った。

河理事が言う。

「選手がそれぞれ仕事を持ちながら、集まって練習することは本当に難しいことです。日本は今大会では振るいませんでしたが、最初にパラアイスホッケーを教えてもらった日本とはこれまでも共に歩んできました。これからも互いに切磋琢磨しながら共に先へ進んでいきたいと思っています」

そして、実は壮大な目標があるんですよ、と笑った。

「日本、中国、カザフスタン、オーストラリアなどでアジアンリーグを立ち上げることです。アジアが協力して互いに技量を上げていく。これは日本の関係者とも話を始めていて、次は北京でパラリンピックが行われますから、それに向けて近い将来、実現できればと考えています」

パラアイスホッケーの魅力を知ってほしい

また、韓国国内ではもう1つの実業団を創団して、つねに実戦できる環境をつくることを目標としているという。

江陵アイスホッケーリンクの外観(筆者撮影)

それにしても、駆け上がるように強くなってきた韓国のパラアイスホッケーの話を聞きながら、韓国はスポーツも経済と同じように圧縮成長したのだなあ、その糧は何だったのだろうかと河理事に問うと、

「選手はともかくメダルを取ることを目標にしてきましたから、かなあ」

そう言って、よくわからないと苦笑いしていた。

パラアイスホッケーの強豪は米国とカナダだそうで、これからアジア勢がどれだけ追いつけるだろうか。

アジア大会が実現すればパラアイスホッケーももっと身近になるかもしれない。まだ、目にしていなければぜひ一度パラアイスホッケーの試合に足を運んでこの魅力を知っていただければ、と思う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT