オバマ米大統領、共和党案を拒否

「新たな超党派委員会設置」に応じず

10月8日、オバマ米大統領は、新たな超党派委員会を設置して予算協議のこう着打開とデフォルト回避を目指す共和党の提案を拒否した。ホワイトハウスで撮影(2013年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 8日 ロイター] - オバマ米大統領は8日、新たな超党派委員会を設置して予算協議のこう着打開とデフォルト(債務不履行)回避を目指す共和党の提案を拒否した。

委員会の設置により解決への糸口がつかめるとの考え方に懐疑的な立場を示した。

大統領は記者会見で「予算委員会というプロセスがすでに設けてある。同委員会を通じて今歩み寄ることも可能だ」と言明。「過去50年間、このプロセスはかなりうまく機能してきた。前進するために新たな委員会の設置が必要かは分からない」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT