オバマ米大統領、共和党案を拒否

「新たな超党派委員会設置」に応じず

10月8日、オバマ米大統領は、新たな超党派委員会を設置して予算協議のこう着打開とデフォルト回避を目指す共和党の提案を拒否した。ホワイトハウスで撮影(2013年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 8日 ロイター] - オバマ米大統領は8日、新たな超党派委員会を設置して予算協議のこう着打開とデフォルト(債務不履行)回避を目指す共和党の提案を拒否した。

委員会の設置により解決への糸口がつかめるとの考え方に懐疑的な立場を示した。

大統領は記者会見で「予算委員会というプロセスがすでに設けてある。同委員会を通じて今歩み寄ることも可能だ」と言明。「過去50年間、このプロセスはかなりうまく機能してきた。前進するために新たな委員会の設置が必要かは分からない」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT