44歳独身貴族女性が親の死後味わう極貧生活

年収1億円のリッチな家で育ったのになぜ?

つい最近までお嬢様だったのに、まさかの極貧生活へ。考えて見れば、おカネについての大事な基礎知識が不足していた。これは決して他人事ではない(写真:foly/PIXTA)

今回、私たちファイナンシャル・プランナーの事務所に「おカネの相談」に来たのは、44歳のシングル女性C子さんです。44歳にはとても見えないほどかわいらしい方なのですが、なんとおカネに困っているというのです。「実は、頼りにしていた父がおカネ周りのことにだらしなくて……。父が1年前に死んでから、すっかり生活が変わってしまいました」と嘆くのです。C子さんのお話は、驚きの連続。どんな相談なのか、ぜひ読者の皆さんと、一緒に考えていきたいと思います。

何不自由ない「お嬢様暮らし」が続くはずが…

現在C子さんは、低所得者用の団地で年金生活の母親と2人暮らしです。今の生活からは想像がつきませんが、もともとC子さんは、とても裕福な家庭で育ちました。亡くなった父親は公認会計士で個人事務所を運営。年収は1億円以上でした。お母さんは専業主婦です。

一人娘のC子さんは、両親から溺愛され、幼稚園から大学まで私立ミッション系の「お嬢様学校」に通学。恵まれた環境で何不自由なく生活していました。大学生時代も、友達が就活に勤しんでいるころ、C子さんは就職についてはまったく考えず、大好きな歴史を究めるため、大学院進学を決意。進学後はそれこそ歴史の勉強に没頭しました。大学院修了後も、実家で暮らしながら、たまにアルバイトをする程度で、生活費の心配もすることなく自由に暮らしてきたそうです。

あるとき、そんなC子さんの生活が一変する出来事が起こりました。

次ページ裕福のはずが、実は「貯蓄ゼロ家庭」だった!
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。