日本人の意図を読めない外国人労働者の心情

そもそも労働に対する価値観が別物だ

日本のように「電車が時刻表どおり来る」国は世界でも極めてまれです。プロジェクトの納期遅れなどにも敏感です。しかし、バケーションをしっかり取る国では、納期遅れをあまり気にしない(気にしてくれない)こともしばしば……。

『ITエンジニアの「海外進出」読本』(幻冬舎)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

海外では業種、役職にかかわらず全員が上記のような休暇についてのルールに従います。そしてバケーションについても、本人が取ると決めている日を後から調整するのは不可能です。

日本のように残業や休日出勤で遅れをカバーするという発想もありませんから、プロジェクトで動くときには、メンバーのバケーションに合わせた進行計画を立てなければいけません。それを怠ると、バケーションの長さだけ納期が遅れていきます。

そうした国は多いのですが、なかでもブラジルでは特に、大きめのバッファーを取った余裕あるスケジュールを立てる必要があります。そのバッファーの大きさたるや、ふだん日本で仕事をしている人には想像もつかないほど。そして、そのバッファーはたいてい使い果たされます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT