「名もなき家事」がモヤモヤを増幅させている

プロに対策を聞いてみた

パラレル家事のポイントは2つ。1つは、ママが家事をしている時間は、家族みんなが家事をすること。

実は、夜遅く帰って来たパパに「お皿洗いしてほしい」とか「部屋の掃除をしてほしい」とは思うママは少ないのです。では、どんな時にイライラするのかと言えば「一緒に家にいるのに自分だけが家事をして、TVやスマホを見ている姿」。だからこそ、休日や平日の朝など家族がそろう時間帯はみんなが家事をする、とルールを決めるのです。

2つ目は、やるべき家事を手分けして終わらせる。小さい所で言うと、1つの家事を手分けして終わらせることがあります。

例えば食器洗い。「食器を下げる」→「食器を洗う」→「食器を拭く」→「食器をしまう」と完結までにいくつかの工程があります。下げるのはお子さんに、洗うのはパパ、拭いてしまうのはママというふうに、みんなで一丸となって完結してしまう方法です。

他にもゴミ捨ても、「ゴミをまとめる」→「ゴミを運ぶ」→「ゴミ袋をセットする」などと分けて、それぞれに手分けしてもいいですよね。

もう少し大きな時間帯で手分けをすることもできます。例えば忙しい朝の時間帯に「朝ごはんをつくる」→「子どもの着替えと保育園準備」→「食器洗い」→「ゴミ捨て」という流れあるとして、それを朝ごはんはママ、その間にパパは子どもの仕度、食後にママが食器洗いをしている間にパパはゴミ捨て、など。これは一例でしかありませんが、パラレル家事が大きな時間帯で振り分けられるようになると家族のチーム感が一気に高まります。

名もなき家事は「モラル問題」で済まない

名もなき家事には色々と種類がありますが、これらは「家事」というよりも「モラル」と言い換えられる部分も多いのです。

使い終わったトイレットペーパーを替えてない。

靴がグチャグチャで脱ぎっぱなし。

脱いだジャケットがいつまでもソファに置いてある、など。

これらは家事というよりも人と一緒に住む上でのモラル不足から生じるものも多いのです。

家族とは言え、そこは人と人が共存している場所。モラルを持って共同生活を行う意識が必要! そうは言ってもなかなか気がついてくれなかったり、ルールを守れなかったりする人もいます。その場合はルールをちゃんと仕組み化することが大切。「意識」なんて見えないものではなくて、「仕組み」としてしっかりと可視化させるのです。

次ページ「使う動線」と「しまう動線」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT