五輪金メダリストが提訴、「性的虐待問題」で

米国オリンピック委員会と米国体操協会を

 3月2日、体操女子の五輪金メダリスト、アレクサンドラ・レイズマン(中央)は、米国体操協会の元チームドクターによる性的虐待問題に関し、「アスリートの安全よりもお金とメダルを優先させた」として、米国オリンピック委員会と同協会を訴えた。ミシガン州ランシングで1月撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[2日 ロイター] - 体操女子の五輪金メダリスト、アレクサンドラ・レイズマン(23)は、米国体操協会の元チームドクターによる性的虐待問題に関し、「アスリートの安全よりもお金とメダルを優先させた」として、米国オリンピック委員会と同協会を訴えた。

通算3個の五輪金メダルを獲得したレイズマンは2017年11月に元チームドクター、ラリー・ナサール被告から性的虐待を受けていたと告白した。同被告は20年近くも治療と称して女子アスリートを虐待してきたとし、有罪判決を受けている。

レイズマンは声明で、「もうこれ以上待てない。法的プロセスによって両組織に責任を取らせ、必要な改革を行えるようにしてもらいたい」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。