五輪金メダリストが提訴、「性的虐待問題」で

米国オリンピック委員会と米国体操協会を

 3月2日、体操女子の五輪金メダリスト、アレクサンドラ・レイズマン(中央)は、米国体操協会の元チームドクターによる性的虐待問題に関し、「アスリートの安全よりもお金とメダルを優先させた」として、米国オリンピック委員会と同協会を訴えた。ミシガン州ランシングで1月撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[2日 ロイター] - 体操女子の五輪金メダリスト、アレクサンドラ・レイズマン(23)は、米国体操協会の元チームドクターによる性的虐待問題に関し、「アスリートの安全よりもお金とメダルを優先させた」として、米国オリンピック委員会と同協会を訴えた。

通算3個の五輪金メダルを獲得したレイズマンは2017年11月に元チームドクター、ラリー・ナサール被告から性的虐待を受けていたと告白した。同被告は20年近くも治療と称して女子アスリートを虐待してきたとし、有罪判決を受けている。

レイズマンは声明で、「もうこれ以上待てない。法的プロセスによって両組織に責任を取らせ、必要な改革を行えるようにしてもらいたい」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。