NYダウ再び420ドル安、恐怖指数も上昇

トランプ大統領の鉄鋼・アルミ関税に懸念

 3月1日、米国株式市場でS&P総合500種とダウ工業株30種は1%超下落し、3日続落となった。2月26日撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米国株式市場でS&P総合500種とダウ工業株30種は1%超下落し、3日続落となった。トランプ大統領が鉄鋼輸入品に対し25%、アルミニウム製品には10%の関税を課す方針を来週発表することを明らかにし、価格上昇や貿易戦争への懸念が広がった。

投資家の不安心理の目安とされるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)<.VIX>は、終値としては13日以来の高水準となった。

自動車など、鉄鋼やアルミニウムの消費が多い企業の株価が下落した半面、鉄鋼やアルミ会社は大幅高。ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>は4%安、フォード・モーター<F.N>は3.0%安。USスチール<X.N>は5.7%高。

ボーイング<BA.N>やキャタピラー<CAT.N>などの重機関連のメーカーは下落。原材料費の高騰や貿易障壁への懸念から売られた。ボーイングは3.5%安、キャタピラーは2.8%安。

ホライゾン・インベストメント・サービシズのチャック・カールソン最高経営責任者(CEO)は「(関税に対する)報復措置がどうなるのかが常に懸念材料となる。貿易戦争になった場合の基本的な問題は、改めてインフレ加速につながるということだ。価格はおそらく上昇するはずだからだ」との見方を示した。

S&P500種は26日終値から3.7%下落。1日の下げで3日続落となった。1%超の下落が3営業日続いたのは2016年1月以来初めて(訂正)。

2月は10%調整しており、1月26日の最高値からはなお6%超下落した水準にある。

パウエルFRB議長の2月27日の議会証言を受け、今年4回の利上げが行われるとの観測が広がっていた。これに対しニューヨーク連銀のダドリー総裁は3月1日、4回の利上げが行われた場合でも「緩やか」な引き締めであるとの考えを示した。

だが、午後に相場の下落を招いたのは関税の問題だったという。

ジャニー・モンゴメリー・スコット(フィラデルフィア)の首席投資ストラテジスト、マーク・ルスキーニ氏は「これらの関税を課すリスクは、中国を中心に貿易相手国からの報復を招く恐れがあるということだ」と述べた。

ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.47対1の比率で上回った。ナスダックでも1.42対1で値下がり銘柄数が多かった。

S&P総合500種構成銘柄では、2銘柄が52週高値を更新し、25銘柄が安値を更新。ナスダック総合構成銘柄では43銘柄が新高値を付け、100銘柄が新安値を付けた。

米取引所の合算出来高は約90億株。直近20営業日の平均は84億株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種24608.98 -420.22 -1.68 25024.04 25185.35 24442.56 <.DJI>

前営業日終値 25029.20

ナスダック総合 7180.56 -92.45 -1.27 7274.75 7307.85 7117.66 <.IXIC>

前営業日終値 7273.01

S&P総合500種2677.67 -36.16 -1.33 2715.22 2730.89 2659.65 <.SPX>

前営業日終値 2713.83

ダウ輸送株20種10330.72 -51.27 -0.49 <.DJT>

ダウ公共株15種 668.75 -0.06 -0.01 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1340.14 -21.88 -1.61 <.SOX>

VIX指数 22.47 +2.62 +13.20 <.VIX>

S&P一般消費財 818.88 -8.47 -1.02 <.SPLRCD>

S&P素材 369.05 -3.87 -1.04 <.SPLRCM>

S&P工業 630.39 -12.37 -1.92 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 547.07 -1.91 -0.35 <.SPLRCS>

S&P金融 470.02 -8.86 -1.85 <.SPSY>

S&P不動産 184.94 -1.04 -0.56 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 489.87 -0.80 -0.16 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 956.83 -15.05 -1.55 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 152.93 -0.43 -0.28 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1168.35 -20.20 -1.70 <.SPLRCT>

S&P公益事業 247.55 -0.15 -0.06 <.SPLRCU>

NYSE出来高 10.36億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 21120 - 520 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限 円建て 21120 - 520 大阪比 <0#NIY:>

人気記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。