ザギトワとメドベージェワ、お互いに祝福

金と銀の点差は僅かだった

 2月23日、平昌冬季五輪、フィギュアスケート女子シングルではアリーナ・ザギトワ(右)が金メダル、エフゲニア・メドベージェワ(左)が銀メダルを獲得し、お互いに祝福し合った(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[江陵市(韓国) 23日 ロイター] - 平昌冬季五輪、フィギュアスケート女子シングルでは個人資格の「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場した15歳のアリーナ・ザギトワが、OARとして今大会初の金メダルを獲得した。同じくOARのエフゲニア・メドベージェワが僅差の銀メダルだった。

赤いバレエ風のコスチュームを身にまとったザギトワは、フリーでバレエ「ドン・キホーテ」の曲に乗せて合計7本の3回転ジャンプを次々と成功させ156.65点をマーク。ショートプログラム(SP)との合計で239.57点をたたき出した。

映画「アンナ・カレーニナ」の曲に乗せて完成度の高い演技を披露したメドベージェワはフリーでザギトワと同じ156.65点を記録したが、合計238.26点で及ばなかった。

同じコーチのもとで練習する2人は競技後、お互いに祝福し合った。 

ザギトワは「チームのためにメダルを獲得できてとても幸せ」とコメント。「これはまだ始まりであり、まだこの先にすべてがある」と今後の競技生活に一層の意欲を示した。

メドベージェワはスコアが発表された時こそ落胆の表情を見せたが、その後は満足のいく演技ができたと述べ、「五輪に一切後悔を残すことなく競技を終えられた。これからも氷上ですべての力を出し切りたい」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT