ザギトワとメドベージェワ、お互いに祝福

金と銀の点差は僅かだった

 2月23日、平昌冬季五輪、フィギュアスケート女子シングルではアリーナ・ザギトワ(右)が金メダル、エフゲニア・メドベージェワ(左)が銀メダルを獲得し、お互いに祝福し合った(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[江陵市(韓国) 23日 ロイター] - 平昌冬季五輪、フィギュアスケート女子シングルでは個人資格の「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場した15歳のアリーナ・ザギトワが、OARとして今大会初の金メダルを獲得した。同じくOARのエフゲニア・メドベージェワが僅差の銀メダルだった。

赤いバレエ風のコスチュームを身にまとったザギトワは、フリーでバレエ「ドン・キホーテ」の曲に乗せて合計7本の3回転ジャンプを次々と成功させ156.65点をマーク。ショートプログラム(SP)との合計で239.57点をたたき出した。

映画「アンナ・カレーニナ」の曲に乗せて完成度の高い演技を披露したメドベージェワはフリーでザギトワと同じ156.65点を記録したが、合計238.26点で及ばなかった。

同じコーチのもとで練習する2人は競技後、お互いに祝福し合った。 

ザギトワは「チームのためにメダルを獲得できてとても幸せ」とコメント。「これはまだ始まりであり、まだこの先にすべてがある」と今後の競技生活に一層の意欲を示した。

メドベージェワはスコアが発表された時こそ落胆の表情を見せたが、その後は満足のいく演技ができたと述べ、「五輪に一切後悔を残すことなく競技を終えられた。これからも氷上ですべての力を出し切りたい」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。