ザギトワとメドベージェワ、お互いに祝福

金と銀の点差は僅かだった

 2月23日、平昌冬季五輪、フィギュアスケート女子シングルではアリーナ・ザギトワ(右)が金メダル、エフゲニア・メドベージェワ(左)が銀メダルを獲得し、お互いに祝福し合った(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[江陵市(韓国) 23日 ロイター] - 平昌冬季五輪、フィギュアスケート女子シングルでは個人資格の「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場した15歳のアリーナ・ザギトワが、OARとして今大会初の金メダルを獲得した。同じくOARのエフゲニア・メドベージェワが僅差の銀メダルだった。

赤いバレエ風のコスチュームを身にまとったザギトワは、フリーでバレエ「ドン・キホーテ」の曲に乗せて合計7本の3回転ジャンプを次々と成功させ156.65点をマーク。ショートプログラム(SP)との合計で239.57点をたたき出した。

映画「アンナ・カレーニナ」の曲に乗せて完成度の高い演技を披露したメドベージェワはフリーでザギトワと同じ156.65点を記録したが、合計238.26点で及ばなかった。

同じコーチのもとで練習する2人は競技後、お互いに祝福し合った。 

ザギトワは「チームのためにメダルを獲得できてとても幸せ」とコメント。「これはまだ始まりであり、まだこの先にすべてがある」と今後の競技生活に一層の意欲を示した。

メドベージェワはスコアが発表された時こそ落胆の表情を見せたが、その後は満足のいく演技ができたと述べ、「五輪に一切後悔を残すことなく競技を終えられた。これからも氷上ですべての力を出し切りたい」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。