ソニーとタクシー6社、配車サービスで合意

AI技術を駆使

 2月20日、ソニーとグリーンキャブなどタクシー会社6社は、人工知能(AI)を活用した配車サービスを提供する新会社設立で合意し、意向確認書を締結した。ソニーが提供するAIによってタクシー需要を予測し、より効率的な配車サービスを目指すとしている。写真は同社ショールーム前のソニーのロゴ。2014年2月東京で撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 20日 ロイター] - ソニー<6758.T>とグリーンキャブなどタクシー会社6社は、人工知能(AI)を活用した配車サービスを提供する新会社設立で合意し、20日に意向確認書を締結した。ソニーが提供するAIによってタクシー需要を予測し、より効率的な配車サービスを目指すとしている。

新会社を設立するのは、グリーンキャブのほか国際自動車、寿交通、大和自動車<9082.T>、チェッカーキャブ無線、日の丸交通のタクシー6社と、ソニーペイメントサービス。7社は今年春の新会社設立を目指している。

新会社は、ソニーが開発したAIを活用した配車サービスの開発と運営、アプリケーションや関連サービスの開発・運営、タクシーデータの活用などを行う。

6社は東京都内で計1万台を超えるタクシーを保有し、新しい配車サービスを会社の枠を超えて利用し、経営効率の向上を図る。

タクシー業界では、第一交通産業、日本交通グループがAIを活用した配車サービスに乗り出しており、AIを使った新サービスの発案でしのぎを削ることになりそうだ。

(田巻一彦)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT