イケてない男が一段と結婚できなくなる理由

誰もが結婚する時代がむしろ異常だった

第二に、日本が格差社会に入ったことにより、若年・中年層の間で所得格差が拡大し、一部の若年・中年層の間で所得が低くて結婚できない、あるいは異性と交際ができないという人の増加が見られる。特に日本では男性に結婚・恋愛の経済負担の重圧がかかることが多いので、主に男性がこの問題で悩んでいる。

第三に、日本人の間に個人主義が浸透し、家族を持たなくとも人生を楽しむ手段が多く出現したことがある。さらに恋愛や結婚は、見知らぬ人と付き合うとか、一緒に住むことを意味するが、他人との付き合いが苦手という人が多くなった。人間関係で気を使うといったことで悩むよりも、一人で楽しむとか、あるいは同性同士の気楽な付き合いを好む人が増加している。

優秀な雄を求める自由

第四に、女性が社会に出て働くことがごく一般的なことと考えられる時代となり、所得のある女性(特に高所得の女性)に結婚への希望度が低下した。あるいは経済力を得たことによって、女性の男性に対する要求が高くなった、すなわちより魅力的な男性を求めるようになったことも、男性と女性のミスマッチが顕著となった理由である。

これは動物の雌が優秀な雄を求める姿と一致していると解釈したい。すなわち、動物では雌の保有する卵子が数少なく貴重であるのに対して、雄の放出する精子の数は何億とあるので、やや誇張すれば1つの卵子をめぐる精子間の競争は激烈であるとの事実の人間版と解釈してよい。

『男性という孤独な存在』(PHP新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

第五に、世界の多くの国で結婚・家族・社会の変化が大きく見られるが、日本の歴史を見ると欧米で発生している変化が、数十年経過してから影響を受けて日本で発生するという現象が多い。たとえば、離婚率の上昇、性の自由化、若者の失業率の高さ、女性の労働力率におけるM字カーブのへこんだ部分の上昇など、枚挙にいとまがない。

このように、未婚者が増加し、「一生独身」の男性が増え続ける一方で、子どもへの教育費は高騰し、「質の高い子ども」を親が求める傾向にあると言われている。もし優秀な雄(男)への要求が高まり、質の高い雄は厚遇され、質の低い雄が冷遇されるという二極化の世界になれば、冷遇される立場になった雄は、駄馬のようにひたすら汗水たらして働くしか生きる道はなくなるかもしれない。

そしてそういう男性は一生懸命働いて経済を強くするだけに貢献し、優秀な男性のみが女性と接触できて、子孫の繁栄に貢献する世の中になるかもしれないのである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT