州知事選、犬を出馬申請した飼い主の言い分

カンザス州当局は申請を却下

 2月13日、米カンザス州で、3歳のビズラ犬「アンガス」(写真)を知事選に立候補させようとした飼い主が、出馬申請を却下される出来事があった。飼い主が明らかにした。提供写真(2018年 ロイター/Terran Woolley)

[13日 ロイター] - 米カンザス州で、3歳のビズラ犬を知事選に立候補させようとした飼い主が、出馬申請を却下される出来事があった。13日に飼い主が明らかにした。

犬は「アンガス」と名付けられており、飼い主は、十代の若者数人が立候補を申請したことと、出馬に必要な条件がほぼないことを報道で知り、アンガスの出馬を申請したという。

州当局の広報担当者は「犬が知事に出馬することはできない。カンザス州の法律と憲法は、知事となる人物に繰り返し言及している」とする声明を発表した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
医療費のムダ<br>病院の言いなりは禁物!

米国発のムダな医療リスト60を掲載!「胸部X線」「風邪に抗生物質」に科学的根拠なし。日本はどうする?「聖域」だらけの医療の現実から、病院・医者と賢くつき合う方法までを解説。