中国富裕層に「美容体験ツアー」が人気なワケ

2018年春節はモノよりコト消費に注目

美容サロンでは顧客とのコミュニケーションも重要な要素だ(写真:オーエス)

オーエスは、もともと美容院のホームページを制作していたのだが、2012年から国内で美容サロンの予約検索ポータルサイト「ビューティパーク」を運営している。同サイトは全国のヘアサロン、ネイルサロン、エステサロンなど9万8000店舗を網羅する。

中国の旅行会社と提携しツアー客を取り込み

美容サロンのポータルサイトでは「ホットペッパービューティー」(リクルートライフスタイル)が有名だが、こちらは広告料収入をビジネスモデルとしている。一方、「ビューティパーク」は美容サロンにお客を紹介する成果報酬方式(一律1000円)を基本とする。サイトからの送客を増やす必要があり、美容院とのより深い連携が必要になる。

「日本の美容サロン業界は、店舗過剰で過当競争。働いている人は、長時間労働で賃金は安い。国内のパイを取り合うのではなく、訪日客をお客様にしてパイを大きくする。日本の美容業界を変えたいという思いを持っている」(織田代表)

オーエスは中国の旅行会社・上海春秋国際旅行と提携し、中国人美容体験ツアー客の取り込みを本格化させる。それに合わせ、「ビューティパークチャイナ」の提携加盟店は2018年3月末に30店舗へ拡大する見込み。2019年3月までには、東京20、大阪15、福岡5、名古屋5、北海道5の全国50店舗体制を構築する計画だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT