iPhone電池交換、アップルが返金措置を検討

動作速度低下問題への対応状況が明らかに

2月6日、米アップルは、旧型iPhone(アイフォーン)の動作速度低下問題で実施するバッテリー交換に「強い需要」があると認識しており、対象顧客には何らかの返金措置を講じる可能性がある。写真はシドニーで2015年9月撮影(2018年 ロイター/David Gray)

[ワシントン/サンフランシスコ 6日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、旧型iPhone(アイフォーン)の動作速度低下問題で実施するバッテリー交換に「強い需要」があると認識しており、対象顧客には何らかの返金措置を講じる可能性がある──。同社が2日付で米議会に宛てた書簡が6日公表され、最新の対応状況が明らかになった。

アップルは昨年12月、一部iPhoneの劣化したバッテリーに対応するため意図的に動作速度を落としたことを認め、謝罪するとともに、交換するバッテリー価格を79ドルから29ドルに引き下げた。ただ、動作速度低下は新機種への買い替えを促す手段だったと批判も出ている。

こうした事情を踏まえ、書簡によるとアップルはバッテリー交換代金を全額支払った顧客に対して返金措置を検討しているという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。